採点がおかしい?『TEPPEN』ダンス対決が炎上「バランス悪い」「偏ってる」

(C)Luis Molinero / Shutterstock 

1月30日放送の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2021冬』(フジテレビ系)で行われた〝ダンス対決〟が、視聴者からの不満を浴びて炎上してしまった。

同番組は、芸能人が自らの趣味や特技を披露し、その分野での「ナンバーワン」を決定する番組。これまではピアノ演奏が番組の目玉となっていたが、今回は初めてダンス部門が取り入れらた。挑んだのは、『DA PUMP』のKENZO、『THE RAMPAGE from EXILE TRIBE』の浦川翔平、『JO1』の川尻蓮といった、ボーイズグループに属する世界最高峰ダンサーたち。他には『AKB48』の峯岸みなみや『日向坂46』の佐々木久美、ダンス歴26年のタレント・加藤諒も参加し、最新のダンスゲームマシーンで点数を競い合った。

楽曲に合わせて流れてくるマークをタイミングに合わせて踏むという、音楽ゲームの定番を取り入れたこの対決。ステップの正確さを100点満点で機械が採点し、上半身の振り付けや動きのキレといった「表現力」を、審査委員長のSAM他3名が1人10点で採点する。