『ずっと真夜中でいいのに。』テレビ初出演! 大泉洋の対応にファン激怒

大泉洋 

(C)まいじつ 

1月30日放送の『SONGS』(NHK)に、大ブレイク中の音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』が登場。テレビ初出演ながら圧巻のパフォーマンスを見せつけたが、司会を務める大泉洋が水を差してしまったようだ。

「ずっと真夜中でいいのに。」は、2018年6月にYouTubeへ『秒針を噛む』を投稿して活動を開始。同曲は瞬く間に注目を浴び、現在では再生回数8000万を突破している。なお、ボーカルや作詞・作曲を担当する〝ACAね〟は顔出しNGを貫いており、ミステリアスな雰囲気によって熱狂的な人気を博してきた。

この日の番組では、「ずっと真夜中でいいのに。」の面々が、NHKのスタジオに用意された特設ステージで「秒針を噛む」を披露。他にも、映画『約束のネバーランド』の主題歌に起用された『正しくなれない』や、映画『さんかく窓の外側は夜』の主題歌『暗く黒く』など、話題の楽曲を熱唱していった。

インタビューがイラつく? ファンから批判殺到

番組ではライブパフォーマンスの他に、大泉とアーティストによるトークも展開。インタビューが始まると、大泉は「僕のこと知ってますか?」とACAねにバラエティー番組のようなことを言い出す。

また特設ステージは「ずっと真夜中でいいのに。」の方向性に合わせたのか、暗めの照明。そこで大泉は照明について言及し、「明るくしてもいいですか」と茶化すような質問も繰り出すのだった。

大泉のインタビュー内容に不満を抱いた人は多いようで、ネット上では、

《SONGSに大泉洋は不要問題》
《大泉洋の芝居がかったインタビュー、嫌ですねぇ笑》
《SONGS最高だったな。大泉洋が司会じゃなかったらもっと最高だったな》
《インタビュー形式は旧テレビ的だと思う》
《大泉洋の絡み方、バラエティーみたいでめんどくせーな…》
《笑える音楽バラエティー目指してる番組じゃないんだから、大泉は完全に邪魔。いらない。活かしたいなら、大泉向けの番組を別につくったほうがいい》

などと、不満の声が相次いでいる。

「『SONGS』は、アーティストが曲を生み出した背景や自らの人生哲学を語る、トーク要素が強い番組です。しかし大泉の司会はアーティストの個性を引き出すようなものではなく、番組の作りそのものが古いという指摘もあがっていますね。最近のアーティストは米津玄師やACAねのように、メディア出演に消極的なタイプも増えています。ファンたちもトークより、番組でしか見られないパフォーマンスを求めているのかもしれません」(芸能ライター)

司会としての能力には定評のある大泉だが、「ずっと真夜中でいいのに。」ファンの需要とは食い違っていた様子。ふたたび共演する機会があれば、汚名を返上してくれることを期待したい。

【あわせて読みたい】