キンタロー。の“GSP監視芸”に冷笑「この人の私生活に興味ない」

(C)frantic00 / Shutterstock 

お笑い芸人のキンタロー。が1月3日、『グッとラック!』(TBS系)に出演。夫のスマホに〝GPSアプリ〟を入れていることを明かし、賛否の声があがっている。

キンタロー。は、2015年12月に一般男性と約1年半の交際を実らせて結婚。昨年1月には、第1子となる女児を出産している。

この日、番組ではスマホのGPS監視について検証。世代による考え方の違いなどを紹介した。キンタロー。は「連絡がつかなくなって。電話も繋がらない。遊びに行っちゃうと、帰ってきたら謎の歯形がついてたり。ADに噛まれたとか(言っているけど)不信が募っちゃって」と、夜遊びが頻繁だった夫を〝監視〟するためにGPSを導入したことを明かした。

そして、「GPSは呼吸です。当たり前の存在、なくてはならない」「本当に便利なので、悩んでいる暇があれば入れちゃえばいいのに」と猛プッシュした。さらに、GPSを導入することで「見られちゃまずいような行動はやめようって」と意識も変わると力説。「いいことしかない!」と訴えた。

視聴者からは、

《お互い理解した上で情報を出し合うのも一つのやり方。うまく活用できるならいいのでは》
《うちも何時に帰ってくるかわからないからGPSを導入したよ。食事の用意とかも無駄がなくなって便利ですね》
《お互いがどこにいるか分かるから安心感があるのかな。まぁ、理解できないわけじゃない》

などと、一定の理解を示す声があがっている。

キンタロー。の過度な行動に批判

しかし一方で、ネット上では

《信頼しているのが旦那ではなくアプリかよ。俺が旦那の立場なら息苦しくて1週間で離婚だな》
《これ性別が逆で、夫が妻のスマホにGPSアプリを入れて四六時中監視なんてことにしたら、束縛夫による人権侵害として大変な騒ぎになるんだろうな》
《悪いけど、この人の私生活に興味ない。「メディアに取り上げられてナンボの人」というのは分かるけど》
《心を繋ぎ止めるのは人間力でしかない。束縛の強い人は自信のない人。自信をつけるために、他にやるべきことがあるのでは?》
《怖い。旦那もよく受け入れてるなと思うけど、実は、旦那の方が一枚上手なのではないかとも思った。GPS対策しっかりされてるかもしれないですね》

などと、非難轟々だ。

キンタロー。は過去に投稿したブログで、《このシーズン飲み会多くなってきてますねー!! しかもいつも。。。当日告げられるので はずさないように見張らなきゃっ》と夫の行動に不安をみせていた。

また、《あろう事か暇つぶしにアメブロの不倫された妻のブログを読んだりしていたら とても不安になってきましたっ 何故なら きっかけはこう言った些細な飲み会とかそう言った事からスタートしてるんですよ。奥様が油断と言うか、旦那を信じきっていたスキに》と妄想を膨らませているようだ。

なにごともやりすぎは禁物。過度な束縛で夫から嫌われなければいいのだが…。

【画像】

frantic00 / Shutterstock

【あわせて読みたい】