瑛太と木村カエラに離婚危機? 前田敦子の“離婚的中”で現実味…

木村カエラ 

(C)まいじつ 

現在、多くの芸能メディアで確定的に報じられている、元『AKB48』前田敦子と俳優・勝地涼の離婚説。しかし、この裏に隠れ〝もう一組〟のビッグカップルも離婚が秒読みに入っているという。

「前田&勝地の2人をめぐっては、前田のヒステリーな言動が原因で、多くのメディアでかねてから離婚説が噴出。特に、この1年は多くの報道が浮上しており、もはや業界では周知の事実でしたね」(芸能記者)

その片鱗は昨年8月にも。同月30日、『アッコにおまかせ!』(TBS系)が芸能記者提供によるスクープをイニシャルで報じたのだが、この中に「女優Mと俳優Kは離婚間近!?」との情報が含まれていたのだ。

当時、当サイトでも伝えたが、ネット上ではMとKの予想合戦が過熱し、前田と勝地だとする声が続出。あれから約半年、今度は実名で離婚説が出てくるようになったあたり、やはりこのタレコミは確かだったようだ。

そして、これによって浮上するのが、もう一組のビッグカップルの離婚である。

ついに現実のものとなる芸能夫婦の離婚?

ビッグカップルとは、俳優の永山瑛太と歌手の木村カエラ夫妻。2人はかねてから家庭不和の報道が絶えず、離婚説が付きまとっていた上、「アッコにおまかせ」の同コーナーにも登場していたのだ。

こちらも当サイトでお伝えしたが、昨年1月、番組は年内にスクープされることが予想される芸能ニュースを、当事者のイニシャルで暴露。芸能ジャーナリスト・松本佳子氏の証言をもとにパネルを作成したのだが、そこには《〝人気俳優A〟と〝人気アーティストK〟が離婚しそう!?》とのタレコミがあった。

「同放送では、『Kは結婚式の定番ソングが代表曲』とのヒントが放出され、耳打ちで実名を告げられた勝俣州和は、『だってKさんは幸せな歌を…』と驚愕。ここで言う楽曲は『Butterfly』であり、テレビ的な砕けた表現ですが、イニシャルは『A太』と『Kaera』を指していたと思われます。2人の離婚説は他のメディアでも噴出しているのですが、その背景にあるのが瑛太の素行不良。彼は酒に酔った末に店員に暴行したり、俳優・吉田鋼太郎が連れていた女優の卵と一夜を共にするなど、結婚前後を問わず問題行動が尽きません。最近は演技のオファーもすっかり減っており、呆れたカエラが三行半を突きつけてもなんら不思議はありませんね」(芸能ジャーナリスト)

前田・勝地を的中させたことからも、情報に信頼のおける「アッコにおまかせ」のタレコミ。2020年内という予想は外れたものの、離婚そのものは時間の問題と見て良いかもしれない。

【あわせて読みたい】