『バイキング』小木博明の“ぶっこみ”に坂上忍タジタジ「大阪のワクチンは…」

小木博明 

(C)まいじつ 

2月3日に放送された『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、『おぎやはぎ』の小木博明が登場。大阪府の新型コロナウイルス対策について踏み込んだ意見をぶつける一幕があり、ネット上で称賛の声があがっている。

この日の番組では、3月7日まで延長された緊急事態宣言をめぐる政府の対応について特集。2月2日に菅義偉首相が行った会見の内容をもとに、ワクチンの接種時期や感染収束への道筋を掘り下げていった。

そこでMCの坂上忍がオリンピックの開催について考えを尋ねると、小木は「8割の人が世論でも中止がいいって言ってるんですもんね」「政府だけがやる気になってるだけで…」と批判的なコメントを口にする。

さらに坂上がカンニング竹山に対してワクチンの話を振ると、小木が横から割り込むように持論を展開。「僕、聞きたいのが大阪のワクチン。どうしちゃったんですか」と、大阪府が昨年から取り組んでいた新型コロナワクチンの開発について疑問を呈した。

すると坂上はバツの悪そうな表情を浮かべながら、「あれはまだまだ」と返答。小木が「まだまだなんですか? 知事があんなに早くできるって自信持って言ってたじゃないですか」と踏み込むと、坂上は「今日は寝てて大丈夫」と諫めてみせる。

小木博明の“鈍感力”に絶賛の声!

周囲の空気に忖度せず、疑問に思っていることを率直に口にした小木に対して、ネット上では、

《小木さんが一番輝ける番組はバイキングだ》
《大阪ワクチンの話を振ったら、坂上忍が慌てていた。あんなに強気に吉村府知事が言っていたんだから、突っ込めばいいのに。何か言ってはいけない空気。やだね、忖度》
《おぎやはぎの小木がツッコんでたね。坂上忍が話ぶった斬ったけど、もっと言ってほしかった》
《テレビ的に触れてはならないところに触れた小木さん超ナイス》

などと、称賛の声が続出している。

「坂上の言動が原因で度々炎上している『バイキング』ですが、コメンテーターの評判は良い様子。小木は昨年6月に多目的トイレ不倫で注目を集めた『アンジャッシュ』の渡部建に対しても、『記事見て、イケてる中年キャラっていうの。あっ、この人イケてたんだって俺はじめて知って』『ダサい人だと思ってたんですけど』などと、切れ味のあるコメントを放っていました。発言がカットできない生放送だからこそ、歯に衣着せぬ物言いが輝くのでしょうね」(芸能ライター)

いつの間にか報道されなくなった、大阪府の新型コロナワクチン開発について疑問を投げかけた小木。いまの情報番組に必要なのは、小木のように忖度しない意見が言えるコメンテーターなのかもしれない。

【あわせて読みたい】