ロンブー淳の聖火ランナー“辞退”に称賛の声!「他の人たちも見習って欲しい」

田村淳 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が2月3日、公式YouTubeチャンネルを更新。オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーを辞退すると発表した。

淳は「私、2020年のオリンピック・パラリンピックのですね 聖火ランナーに任命していただいて犬山市、犬山城下を聖火を持って走るということを任命頂いていたんですが、2020年のオリンピックは中止となりまして、さらに2021年これからオリンピックが開催されるかどうかという状況に今なっています」と切り出した。

続けて、「聖火ランナーを辞退させていただこうと思っております。正式ルートできちんと事務所を通じて、事務局の方には伝えました」と報告。辞退の理由として「森(喜朗)会長のインタビュー記事などを見ててですね、オリンピックはコロナがどんな形であっても開催するという、ちょっと理解不能な発言をされていらっしゃいました」と、森会長の〝強行開催〟発言を指摘した。

「淳は犬山市の観光特使を務めている関係から、聖火ランナーに選ばれています。しかし、淳は以前からコロナ禍が終息するまでは、東京オリンピックを延期した方がいいという考えを主張していました。4日に出演した『グッとラック!』(TBS系)では、『森会長の姿勢に同意できない。聖火ランナーとして走ることは、会長の意見に紐づくことになるので、辞退した』と、あらためて今回の辞退は、森会長の発言が理由であることを強調。さらに、森会長が『有名人は田んぼを走ったらいいんじゃないか』といった発言について『人の気持ちを削ぐというか、僕はどうしても同意しかねる』と批判の姿勢をみせていました」(芸能記者)

田村淳の決断に「よくぞ代弁してくれた」

淳の発言に、ネット上では

《森さんをはじめとするオリンピック関係者の感覚はおかしいと思います。良い判断です》
《キチンと筋の通った意見ですね。賛成です。淳さんに続いて聖火ランナーを辞退する人が出てくることを期待します》
《他の人たちも見習って欲しい。国民の8割が反対してるのに、無理やり開催する事に何の意味があるんだろう》
《国民の民意の代弁ありがとうございます。メディアに影響力ある淳の発信は大きな力ですね》
《しっかりした至極真っ当の考えで納得できます。これが国民の声じゃないでしょうか》

などと、賛同の声が相次いでいる。一方で、

《森さん狂ってるわ。元総理という肩書きでこんなこと言うって…》
《正直またか、森…。もうこれしか言葉がでない。こうやって全面にたつと絶対に失言するよね。もう後ろで調整すべき》
《森さんは見ていて覇気がなければ生気も感じられない。こんな人に任せていて大丈夫なのかなと思う》
《いい加減に森を表舞台から引きずり下ろさないと、オリンピック以外にも弊害が出そう》
《もう年齢的に隠居してほしい。老害ってこういうことを言うのかなって》

などと、森会長に対する厳しい意見も聞こえてくる。

今回の淳の発言で、他のランナーやアスリートも旗揚げするきっかけとなるのだろうか。今後の動向に注目したい。

【あわせて読みたい】