『ヒルナンデス』イモトを殺すコーデに呆れ声殺到「ふざけてるよね?」

イモトアヤコ 

(C)まいじつ 

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のファッション企画がまたやらかした。2月2日の放送で、視聴者が苦言を呈すコーディネートをまたもや披露したのだ。

今回行われたのは、『格安コーデバトル』の審査員を務めているファッションプロデューサー・植松晃士氏が、ショッピングモールなどで買い物中の客を捕まえ、そのコーディネートを辛口採点する企画。採点後、客は植松氏のコーディネートを受け、出演者がその変身ぶりに舌を巻くのがお決まりだ。

この日は特別編として、植松氏がスタジオにも登場し、ゲストのイモトアヤコを変身させることに。イモトは〝ガチ私服〟で登場したのだが、その見た目はこれから登山に出かけるかのようなファッションだった。本人も「機能性重視」と明かし、冬山にも耐えうる防寒コートや、カバン並の収納力を持ったベストなどを次々とアピール。どうやらおしゃれさは二の次のようで、植松氏は容赦なく「おブスファッション」の評価を下した。

植松晃士氏がイモトアヤコの個性を殺す

その後は変身コーディネートに入り、イモトは白の7分丈パンツ、黒のニットやハットといったモノトーンコーデで登場。足元にはピンクのパンプスを合わせ、アイテムは全て低価格だが、モデルのようなおしゃれなファッションに大変身した。

植松氏も自身でコーディネートを褒め、スタジオもその垢抜けぶりに驚きの表情。しかし、ネット上には

《イモトのはスカートだけ変えてくれれば元のままでいいー》
《見事にイモトの個性を殺してるな》
《植松さんふざけてるよね? イモトのキャラガン無視やん》
《イモトの私服がスタジオで酷評されるけど… え? めっちゃ良いと思うけどな…》
《イモトが着てた、スノーピークのベストいいなと思ったけど》
《良いんだよ。本人に合ってるんだから》
《イモトにちゃんと似合う服を着させてあげてほしいわ。系統の違う服着れば変身するのは当たり前》

など、おしゃれだがイモトには似合わないコーデだったとして、植松氏の手腕を疑う声が続出した。

『3色コーデバトル』『格安コーデバトル』『にこるん隊長のファッションレスキュー』など、ファッション企画を主軸に据えている同番組。他方、視聴者からはツッコミを浴びることばかりであるため、早急な改善が求められる。

【あわせて読みたい】