関西人はコレで笑うの?『さんま御殿』女性芸人のギャグに呆れ「下品だ」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

2月2日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した女性ピン芸人・島田珠代が、視聴者からの壮絶なブーイングに遭ってしまったようだ。

この日のテーマは「超ポジティブ VS ネガティブ 大激突SP」。島田はポジティブ側のパネラーとして出演し、テロップでも「陽気なポジティブ姐さん 吉本新喜劇 島田珠代」と紹介される。さんまから「いくつになった?」と聞かれると、「50(歳)ですもう~。人生どうでもいいんですもう!」と陽気に返答。さらには立ち上がって「私もう自分のパンティーを履いてるかどうかも分かんないくらい、ポジティブに生きてるの!」と声を張り、年齢を聞かれただけで凄まじい全力投球を見せる。

さらに、島田はそのまま体をくねらせながら、「パンティーを履いてるかどうか、今ここで確認してもいいですか…?」と脱ぐジェスチャーでボケ始める。周囲が止めに入ると、今度は「はいはいはいはいパンティーテックス! パンティーテックス!」「パンティーライナー! パンティーライナーで伊勢志摩へ!」と謎のダンスと掛け声を上げ始めた。

大阪そのものにまでヘイトが向かう風評被害も

自己紹介からこのフルスロットルに、確かにポジティブそのものであることが伝わる島田のキャラクター。しかし、あまりの明るさとハイテンション、下ネタ気味のギャグに、周囲は引き気味に圧倒されているように見える。

視聴者の反応はさらに正直で、ネット上には

《島田珠代のおもしろさがわからない 下品でうるさいだけで大嫌い》
《関西人はあれで笑うの? 意味わからなくてうるさいだけだ》
《関西の笑いはノリだけ》
《大阪では大爆笑なの?》
《大阪には絶対住みたくない》

など、辛辣な意見が続出。新喜劇のハチャメチャなノリも、全国ネットではウケが悪かったようだ。

コテコテの関西人がさんま以外にもいると、視聴者は胸焼けしてしまうのかもしれない。

【あわせて読みたい】