先輩を痛烈ディス! 元AKB・島崎遥香のぶっちゃけに「それ言っていいの!?」

島崎遥香 

(C)まいじつ 

元『AKB48』の島崎遥香が、2月2日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。グループ時代の批判を繰り返すぶっちゃけトークが、視聴者から喝采を浴びた。

この日のテーマは「超ポジティブ VS ネガティブ 大激突SP」で、島崎はネガティブ側のパネラーとして出演。プロデューサーの秋元康氏から「センターどう?」と打診されても「いやもう、目立ちたくないんで」と言って断ったなど、矛盾のようにも思えるが、ネガティブなエピソードを続々と明かしていく。

司会の明石家さんまから話を振られると、島崎は「歌詞で、あの『明日は必ず光が来る』とか『未来は明るい』とか、そういう歌詞が響く人はちょっと苦手ですね」と、前向きな歌詞に感銘を受けるポジティブ人間とは相容れないことも告白。

こうしたフレーズは「AKB」の歌詞にも多いが、この点をツッコまれても、「全く響かなくて」「実際AKBの曲でも『前しか向かねえ』っていう曲があるんですよ。それがホントに響かなくて」「ホントに、歌ってても『どういうこと?』って」と、直球なコメントを繰り返した。

島崎遥香の高橋みなみディスにも賛同が

さらには、歌詞だけでなく、ポジティブなメンバーも嫌だったことを暴露。「たかみなさんも『努力は必ず報われる』って名言を言ってたんですよ。リーダーが。ホントに響かなくて」「『努力は必ず報われるかもしれない』って言われたら分かるんで」と、グループ総監督を務めていた高橋みなみの発言を名指しで否定した。

先輩に対して無礼な発言かに思えたこの見解だが、ネット上には

《ぱるるが言ってることめっちゃ分かる!》
《完全に同意だけど、それ言っちゃっていいの!?》
《わかる。断言されちゃうとキツいのよ》
《根拠の無い希望は無駄な絶望を生んでしまうので、持たない方がいいよね》
《大丈夫かそれ言ってwww》
《たかみなのことをディスるぱるるw》
《高橋は熱血バカだし、そんな自分に酔ってるから深い意味で言ってない》

などの声が続出。意外にも、島崎への賛同が相次ぐ形となった。

若者の草食化が定着したと言われる昨今。現代では、悲観的な意見の方が共感を得やすいのかもしれない。

【あわせて読みたい】