崎山蒼志だけじゃない!『スッキリ』で“放送事故”と話題になったアーティスト

倖田來未 

(C)まいじつ 

シンガー・ソングライター・崎山蒼志が2月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。話題曲『Samidare』を生演奏し、超絶ギターテクニックを披露した。しかし、視聴者からは「生理的に無理」という声が殺到している。

崎山は18歳のシンガー・ソングライターで、4歳からギターを弾き始め、ストリートやイベントなどで活躍。2018年『バラエティ開拓バラエティ 日村がゆく』(AbemaTV)の企画「高校生フォークソングGP」では第3回グランプリを獲得し、一躍注目を集めた。

崎山は番組で『Samidare』を生演奏し、天才と名高いギターテクニックを披露。出演者から「めちゃくちゃカッコいいですね」「すごすぎる」などと、喝采を浴びた。しかし、MCの加藤浩次はなぜかギターのテクニックばかりを称賛。視聴者も

《ギターテクニックは確かにすごいと思う。でも、あの歌声はちょっと無理だわ》
《普段だったらべた褒めする加藤がなぜか、ギターのことばかり褒めてたね》
《放送事故じゃないの? マジで地上波無理だろ》

などと、受け入れがたい様子を見せていた。アーティストがたびたびパフォーマンスを披露する『スッキリ』だが、よく「放送事故」だと話題になるのだ。

八代亜紀にも『スッキリ』の洗礼が…!

昨年9月には、大御所演歌歌手の八代亜紀が出演。ビリー・アイリッシュの楽曲『bad guy』の熊本弁カバーを披露した。

八代は誕生日前日である8月28日、自身のYouTubeへ同カバーの「歌ってみた」動画を投稿。演歌歌手×流行の洋楽というマッチもさることながら、故郷・熊本の方言で和訳した歌詞が話題を呼んでいたため、これをスタジオで生披露することとなったのだ。

曲がかかり、自身作詞の曲を歌っていく八代。しかし、その歌い方は本家よりもさらにささやくようなスタイルで、ボソボソと何を言っているのか聞き取りづらくなってしまっていた。

さらに、クセの強い方言も相まって、歌詞テロップなしではほとんど分からない状態に。もはや放送事故状態のパフォーマンスとなり、視聴者からは、

《声全然聞こえなくて放送事故かと思った》
《八代亜紀声小さ過ぎて何も聴こえなかった…テレビの音量確認しちゃったよ》
《声小さ過ぎでしょ ボソボソ言ってて何言ってんのか分からんばい》
《声小さ過ぎて何歌ってるのか全く聞こえない》

などといった声が続出した。

さらに、昨年2月には女性歌手の倖田來未が出演。デビュー20周年を記念し、生歌を披露することになった。楽曲は視聴者投票で、2005年の楽曲『Butterfly』に決定。倖田はもう一方の候補だった『愛のうた』だと思ったと意外さをにじませるが、スタンバイして生歌披露に入っていく。

しかし、イントロなしで歌い出しに入る曲のためか、若干ながらいきなり音を外してしまうハプニングが。直後には照れ笑いが隠し切れず声が震えてしまい、倖田は「ちょっと待って…」「ごめん、もう1回」と笑いながら仕切り直しを要求した。

このハプニングに、視聴者からは

《これNG大賞レベルwww》
《音楽史上最大級の事故だろwww》
《愛のうただと思ってた喉になってんだろうなwww》
《ちょっと好感度上がったわw》
《曲止めた人初めて見た笑》
《生歌で音外しちゃう倖田來未かわいかったwww》

といった爆笑の声があがっていた。

今後の『スッキリ』には、どのようなアーティストが登場するのだろうか。

【あわせて読みたい】