『Mステ』ワンオクTakaの弟・森内寛樹に酷評!「素人のカラオケ」

(C)LightField Studios / Shutterstock 

2月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、ボーカリストの森内寛樹が登場。持ち前の歌唱力を生かして、女性ボーカルの楽曲を原曲キーでカバーしたのだが、残念ながら酷評が相次いでしまったようだ。

森内はロックバンド『MY FIRST STORY』のボーカル・Hiroとしても活躍しており、父親に森進一、兄に『ONE OK ROCK』のTakaを持つ。音楽一家に生まれたためなのか、高い歌唱力を持っており、特にハイトーンに定評がある。

そんな森内は、この日の番組でMISIAの名曲『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』を披露。女性であっても難易度の高い同曲を、森内は原曲キーで歌い上げた。

しかし、さすがに無理があったのか、終始裏返っているような歌声。高音はクリアな響きだったものの、お世辞にも上手いとは言い難い、何とも中途半端な〝アイノカタチ〟になってしまっていた。

シンプルに下手くそ? 森内寛樹の歌声に批判が…

まるで『安田大サーカス』のクロちゃんのような歌声の森内に対して、ネット上では、

《森内寛樹のアイノカタチのカバー酷すぎ。クロちゃんが歌ってるかと》
《下手ではないけどうまくはない、テレビで、ましてや生放送で披露するレベルではない。よりによってMISIAの曲を選んだのはなぜなんだろう、無理だろ。素人のカラオケを聞かされた気持ち》
《森内寛樹ひどいな。男性が女性曲の原曲キー歌えるのはすごいけど質が悪い》
《驚くほど歌下手やったな…。歌ってて本人も誰も気持ちよくないやん不幸やん》
《Mステで歌ってた森内寛樹って人、テレビで歌えるレべルじゃない》
《正直に言うと今回のMステの森内寛樹の歌は酷かった…》
《あまりの下手さに恥ずかしくなってチャンネル変えてしまった。男性であのキー出せるのはすごいのかもだけど、なんか歌い方独特だし、ちょいちょい音外すし無理だった》

などと辛辣な声が続出している。

「今回が『ミュージックステーション』初登場だったこともあり、視聴者に〝歌が下手〟という印象を持たれてしまった森内。しかし『MY FIRST STORY』のライブでは、兄のTakaに引けを取らない歌唱を披露しています。無理にハイトーンを押し出さず、実力が発揮できるキーで歌っていれば視聴者の感想は180度違っていたかもしれませんね」(音楽ライター)

ライブなどでは圧巻のパフォーマンスを披露し、観客を魅了している森内。いつの日か、テレビでも持ち歌を披露し、視聴者をあっと驚かせてみせてほしいものだ。

【画像】

LightField Studios / Shutterstock

【あわせて読みたい】