『天国と地獄』第4話“考察”が大盛り上がり! 次回予告に疑惑の人物が登場

綾瀬はるか 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月7日、ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)の第4話が放送された。これまで視聴者から「オチが分かった」などと囁かれていた同ドラマだが、次回予告に〝ある人物〟が登場し、ネット上で再び議論が白熱している。

同ドラマは警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬はるか)が、連続殺人事件を捜査する中で、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)と魂が入れ替わってしまうサイコサスペンス。第4話では日高が再び〝猟奇殺人〟を犯し、彩子は自分の体を使って犯罪を行われたことに絶望する。そんな同話の終了後、次回予告には九十九聖(中尾明慶)が姿を現したのだった。

「連続殺人事件の犯人は、日高という見せ方をしてきた同ドラマ。しかし視聴者からは、《どう考えても高橋一生が犯人とは思えない》といった声があがっていました。また第1話に出演していた彩子の能天気な同居人・渡辺陸(柄本佑)や、彩子の後輩・八巻英雄(溝端淳平)が〝怪しい〟と考察する人たちも少なくありません」(芸能ライター)

『天国と地獄』新たな疑惑が浮上! 怪しいのは中尾明慶?

予告に登場した中尾の姿に、視聴者は仰天。ネット上には、

《中尾明慶が黒幕》
《天国と地獄は最初に出てきたときから、中尾明慶くんが何か関係あるに違いない怪しいと思ってる》
《次また中尾明慶が出てくるあたり、マジでもう1人の魂みたいなのきそうで楽しみ》
《予告で中尾明慶出てた。『あんなちょい役だけで終わる訳無いよね?』って思ってたから納得。まあ過去の事件を紐解いて日高がどう絡んでるのかが気になるとこね》

などの反響が相次いでいる。

「予告に姿を見せた中尾演じる九十九聖ですが、彼は第1話ではチョイ役として登場していました。そのため、中には第1話から《中尾明慶がチョイ役すぎて怪しい》といった声も。1話以来姿を現さなかったこともあり、九十九が今後どう絡んでくるのかに注目する人が多いようですね」(同ライター)

果たして次週の放送で、九十九はどのような動きを見せるのだろうか。さまざまな考察が飛び交う「天国と地獄」から目が離せない!

【あわせて読みたい】