藤田ニコルがメディア批判!『Clubhouse』利用を巡って物議

藤田ニコル 

(C)まいじつ 

タレントの藤田ニコルが2月8日、自身のツイッターを更新。アメリカ発の音声SNS『Clubhouse(クラブハウス)』で話した内容がメディアで報じられることについて、苦言を呈した。

「クラブハウス」は今、ネット上で中毒者が続出しているという、音声だけでコミュニケーションをとるツール。1人あたり2人までの招待制となり、利用者が制限されているのが特徴で、音声の録音は禁止されている。日本では、著名人、有名経営者、芸能人が一斉に利用開始したことで大きな話題になっている。

藤田はツイッターへ《クラブハウスで話した事が週刊誌の記事になるっぽくて少しイラ。一応クラブハウスの中の話はルール上だめなんだよ。こーなるとつまんなくなる。つまんないやり方!》とツイート。《内容みたけど、ラジオの方がよっぽどほぼアウトに近い事話してる時もあるわ! 久々に引いた!》と怒り心頭だ。

「藤田はフォロワーから《やんなきゃいいのに》と指摘されると、《そういう事じゃないんだよね。。元から自分が危ない話なんてネット使って言わないし、漏れた内容が最悪! じゃなくて、ルールも守ってくれない大人がいる事に引いてるだけ! 壊してくるなーて》と説明。気になる会話の内容ですが、みちょぱとお風呂一緒に入ったことないからノリでみちょぱの全裸みたいという、他愛もない話題だったようです」(ネットニュースサイト編集者)

藤田ニコルの“不満ツイート”に賛否

藤田の発言に、ネット上では

《クラブハウス内で話した事って、外へ持ち出すのも、録音も禁止じゃないの? そりゃ勝手に漏らされたら頭くるだろ》
《芸能人とはいえ、クラブハウスの中の会話を週刊誌がネタにするなんて、ルール違反!》
《マスコミも残念だし、このツイートに「だったらクラブハウスやんなきゃいいのに!」ってリプが沢山あるのも残念だわ》
《会話が漏れるのは時間の問題と思っていたけど、やっぱりか。こうなると一気につまらなくなるね》

などと、藤田のツイートに賛同する声が広がっている。しかし一方で、

《限られた空間でやればいいし、友達となら個人間で連絡取ればいいのに。なんでわざわざよく分からないアプリ使って、プリプリ怒っているのか》
《入会の公開、制約、ルール違反時の制裁…少なくともそういうのがないところで自由にやるにはリスクがあるでしょ。流行り物に我先に手をつける代償に見える》
《SNSという時点で、公になるのは当たり前。そんなに嫌ならば、ZoomやSkype使って話せばいい》
《炎上や中傷が絶えない世界にルール厳守を求める方が甘い》

などと厳しい意見も。クラブハウスの利用規約には、〝話したことの録音、記録は禁止〟とあり、記録する場合は、参加者全員の書面による同意が必要になっている。

芸能人の間で一気に広まった「クラブハウス」。今後も藤田のケースのような会話流出が続出した場合、衰退の道を辿ることになるかもしれない。

【あわせて読みたい】