『ボンビーガール』ゲスな新企画に呆れ声噴出「迷走っぷりがやばい」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

2月9日放送の『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)が、次回より新企画を開始すると予告した。しかし、番組趣旨とはほとんど関係ないその内容に、視聴者から呆れた反応が噴出している。

番組は次回放送の23日から、番組初の恋愛リアリティー企画『幸せボンビーLOVE~私を好きになってくれますか?~』をスタートさせるようだ。参加するのは、ボンビーであることを理由に、恋愛に奥手になってしまっている6人の男女。まず、6人は顔も名前も知らない状態から、番組が用意したスマートフォンで1週間メッセージを交わすという。

予告では参加女性が「デートしてくれませんか?」とのメッセージを送信し、「あー送っちゃった! 送っちゃった!」と激しく照れる様子や、イケメン風の男性が「お付き合いを前提に連絡先を教えていただけますか」と告白する様子が。告白を受けた女性が涙を浮かべるなど、ドラマさながらの展開が待っているようだ。

『ボンビーガール』新企画は打ち切り回避のテコ入れ?

しかしこの企画、参加者がボンビーというくくりはあるものの、「ボンビーさんの夢を応援する」という番組の趣旨からは言うまでもなく外れている。そのため、ネット上には

《もう別番組やん》
《迷走っぷりがやばい これは打ち切りか?》
《番組の方向性がどんどん狂っていくなw》
《これを視聴者は見せられてどうしろと? 他人の恋愛なんて糞ほど興味ねえよ》
《この番組は、ボンビーガールの部屋探しと新生活だけやってりゃ良いんだよ》

など、いきなり辛辣な意見が向けられてしまった。

「恋愛リアリティショーは古くからの人気ジャンルな上、最近はそのブームが再加熱。パロディー企画も人気を博し、総本山の『テラスハウス』はスキャンダルで倒れてしまったため、『ボンビーガール』もこの流れに乗っかろうとしたのでしょう。また、番組は視聴率低迷による打ち切りが一部メディアで報じられているため、テコ入れに躍起になっているのでは。しかし、ここまで目的を外れた企画では、定番コーナーを楽しみにしていた固定ファンは離れてしまうでしょうね」(テレビ誌記者)

果たして放送後の反響やいかに。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】