“神回”と話題の『探偵ナイトスクープ』に疑問の声「闇深さを感じた」

松本人志

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)。2月5日放送回に取り上げられたエピソードが、感動的だとネット上で話題になっているが…。

この日、相談者の女性は「昨年に23歳の若さで亡くなった友人男性が家の庭に埋めていたタイムカプセルの内容を知りたい」と番組に依頼。

コトの発端はある時、男性が呟いた《小学校の時に20歳になったら掘り起こそうって約束して俺の家の前にタイムカプセル2つ埋めてんけどさ、埋めた場所は完全に覚えてるけど》というツイートを、男性の後輩が発見したことから。男性の両親の許可を得て庭を探したものの、自分たちだけでは発見できず、番組に依頼したのだという。

探偵のたむらけんじが男性の家を訪れ、男性が埋めたであろう当時の庭の様子などを聞き、家族や友人とともに掘り起こし作業が始まった。

そして作業を続けていくと、黄色いプラケースのタイムカプセルを発見。中には11歳の時に男性が書いた手紙が入っており、そこには「はいけい~この手紙10年後のぼくえ」と前置きした自分へのメッセージや、たくさんの友達へメッセージがつづられていた。手紙を読むと、男性の母親は号泣。友人へのメッセージには「しごとがんば」とつづられており、男性の家族は「自分のことじゃなくて、みんなのことをこの時から考えてたのがすごい」と感動した様子だった。

『ナイトスクープ』に視聴者が涙…感動の声続出!

そして、もうひとつのタイムカプセルを探すのだが、見つからないまま辺りは暗くなってしまう。ある程度の深さまで庭を掘ったが、カプセルは見つからず作業を終了することに。しかし、そこにいた全員が生き生きとした表情を見せていた。

VTRが終わると、スタジオの『ダウンタウン』松本人志は、目を潤わせながら「なんか俺あんまりコメントしたらやばいからやめとくわ」とコメント。松本のように感じた視聴者も多いようで、ネット上には、

《涙が止まんない。そこにいる人が全員優しい》
《亡くなった友人のタイムカプセル、無茶苦茶ええ話やった》
《小学生の頃なのに10年後の事、全て自分以外のお友達宛でしかも全員に仕事頑張って言える、人間として素晴らしい子、何故こんなにできる人間は不慮の事故で早死になってしまうのか…》
《涙腺崩壊でめっちゃキレイな涙を流させてもらった》

などと感動の声が殺到している。

そして松本は最後に「もう一つは恥ずかしいから持って行ったのかもしれないね」とコメント。男性のタイムカプセルは、時を経て友人たちの心だけではなく、視聴者の心にも響いたようだ。

しかし感動の物語に、疑問の声があがっているという。

「23歳という若さで亡くなった男性は、3.11で自衛隊の活躍を見て、高校卒業後に入隊。エピソードの序盤では、たむらがスタジオで男性の経歴を振り返る場面がありました。彼は駐屯地のトイレで、突然気を失って倒れてしまい、後頭部を打ち、入院したものの2日後に亡くなってしまったようです」(芸能ライター)

この経緯に、一部の視聴者からは、

《その自衛隊員の死因の方が謎や疑問やな》
《自衛隊のトイレで倒れて、打ちどころが悪くて亡くなったって、なんか変なこと疑ってしまうわ》
《自衛隊のトイレで転んで、打ち所が悪くて亡くなったってホンマかなぁ? なんかモヤモヤする》
《何となく自衛隊の闇深さを感じた》
《トイレで気失って、打ちどころ悪くて亡くなった…? なんか疑ってしまう。隠蔽されてないか》

と邪推する声もあがっている。

感動すると話題になった『ナイトスク―プ』だが、モヤモヤが残る視聴者もいたようだ。

【あわせて読みたい】