小川彩佳に“老害”発言! 古舘伊知郎の余計な一言に「森喜朗と同じ」

小川彩佳 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

フリーアナウンサー・小川彩佳の夫である豊田剛一郎氏の不倫を、2月3日付の『文春オンライン』が報じた問題。これに、『報道ステーション』(テレビ朝日系)で小川と共演していた古舘伊知郎がコメントした。

2月8日、古舘は自身のユーチューブチャンネル『古舘Ch』を更新。『報道ステーションでご一緒していた小川彩佳さんの思い出を語る。みのもんたさんの記事についても古舘が熱弁』という動画をアップした。

まず動画内では、小川が1月30日に放送されたトーク番組『サワコの朝』(TBS系)で、『報ステ』時代に古舘からしごかれていたと暴露したことについてトーク。古舘は「小川も苦しかったったと思う。これは認めます」と明かし、意地悪ではなく自分のノウハウを全て伝えるために、あえて厳しくしていたと説明した。

古舘伊知郎が老害の仲間入り?

そして次に、小川の夫が不倫した件についてトーク。古舘は「小川ね、傷ついてるだろ。絶対傷ついてるよな。当たり前だよ! こういうことされたら。つらいと思うよ」と画面越しに小川にエールを送る。一方で、「ただね、小川はね、悪く言うと自我が強すぎる。良く言うと、向こうっ気が強い。絶対に頑張ったろうってのがあるから月~金(の仕事)だって受けたと思うよ。自我が強すぎる俺が言ってんだから間違いない」とコメントしていた。

するとこの古舘の発言に対して、ネット上では

《浮気されている人にかける言葉ではない》
《女性は自我が強すぎないほうがいい、そのほうがかわいいっていう前提に基づいた意見だね。いかにも日本のオジサンが思いそうなこと》
《女はこうあるべきって古臭い考えなんだね。森と変わらねーじゃねーか》
《森や二階と変わんないね。おっさんは口出すな》

と猛バッシングが浴びせられている。

古舘も〝老害〟になってしまったというころだろうか…。

【あわせて読みたい】