『スッキリ』競泳・松田丈志の“森会長フォロー”にドン引き…「ひどい言い訳」

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock 

2月10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、水泳元日本代表で〝JOC評議委員〟の松田丈志氏が登場。批判殺到中の東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長を庇う発言を繰り出し、視聴者の怒りを買ってしまったようだ。

今回の番組では、冒頭から森会長の女性軽視発言について特集。前日に行われた衆議院本会議にて、女性の政治参加を象徴する白のジャケットを着て女性議員たちが抗議していた様子や、大会のスポンサー企業から寄せられた批判が紹介される。

この特集に、松田氏は「発言自体は不適切だったと思います」と切り出したが、「ただその後、謝罪もして撤回もしているっていう中で、これ以上この発言に対して糾弾していくことはあまり意味がないのかなという風に…」とコメント。さらに「日本のスポーツ界全体が、ちょっとやっぱ森さんに頼りすぎてたんじゃないかなっていう風に思っていて」とも発言していた。

ちなみに松田氏は、森会長の発言が飛び出した例の会議にリモートで参加していたらしいのだが、その件については「オンラインだったので音声も悪かったんですよ。ちょっと聞き取りずらい」「一語一句ちゃんと聞くっていう状況ではなかった」と言及していた。

「森会長は、2月3日の評議員会にて『女性がたくさんいる会議は時間がかかる』などと女性軽視発言を繰り出し、国内外から批判が殺到しているのは周知の通り。しかも翌4日の記者会見では、謝罪はしたものの辞任について問われ、『皆さんが邪魔だと言われれば、老害が粗大ごみになったのかもしれませんから、掃いてもらえばいいんじゃないですか』と逆ギレ。とても反省しているようには見えませんでした」(芸能ライター)

体育会系特有の身内擁護は悪しき風潮…

森会長を必死に庇う松田氏に、視聴者も落胆。ネット上には、

《松田さんの発言にガッカリ。森擁護の見苦しい言い訳なんかいらない》
《松田丈志、こいつやべぇな。自己保身のクズ。ネットの状態が悪かったから、森をとがめられなかった? ひどい言い訳》
《松田さんの意見、聞いていて冷めた。結局はあの発言、逆ギレが本性にしか見えない。結局は中の人間でガッカリした》
《松田さんが森会長のフォローしてたけど、このままじゃ全てフイになっちゃう。意識低いままの会長じゃアカンでしょ》
《番組でコメントしてる松田氏にしても組織委員にろくな人材いなさそうだな》

などと怒りの声が続出している。

いくら松田氏が身内の森会長をフォローしても、世間の見方が変わることはない。まずは森会長に頼らないような構造の改革が必要だと思うが、周りがイエスマンでは無理だろう。

【画像】

Vladimir Gjorgiev / Shutterstock

【あわせて読みたい】