『東大王』で放送事故級の解答ミス!?「伊沢さんもびっくりしてたな」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

2月10日放送の『東大王』(TBS系)で、東大王チームと対戦したアナウンサーが致命的なミスを繰り返して話題に。一部からは「放送事故級」との声も出ている。

この日は東大王チームとアナウンサーチームが対戦。漢字を並べてオセロの要領でマスを交互に取り合う『難読オセロ』での出来事だった。国山ハセンアナウンサーはパニックに陥り、29番の「延く」を「しばらく」と答えたが不正解となり、解答権を失う。雨宮萌果が他の漢字を答えてフォローした。

解答権が1周し、TBSの宇内梨沙アナウンサーは慌てながら29番を選択し、「延く」を「しばらく」と解答。国山アナと同じ間違いを犯したことに気づいた宇内アナは「やっちまったー!」と嘆いた。

伊沢拓司も大笑い! 漢字クイズで同じ“間違い”3連発

それでも、アナウンサーチームのミスの連鎖は止まらなかった。元フジテレビの山中秀樹が同じく29番の「延く」を「しばらく」と答えると、正誤のブザーが鳴る前に司会の『南海キャンディーズ』山里亮太、ヒロミは失笑、伊沢拓司も大笑いする。実況の杉山真也アナウンサーが「29(番)は『しばらく』ではありません」と強調したところ、山中は「そんな言い方しなくても!」と苦笑いした。

直後、元日本テレビの馬場典子が「ひく」とようやく正答を出すと、出演者は一様に安ど。この展開にネット上では

《国山ハセン氏、宇内梨沙氏、山中秀樹氏の3連続「しばらく」はネタですかね?w》
《今日の東大王は、3回『しばらく』のデジャブ見れたから満足》
《あれは伊沢さんもびっくりしてたな》
《東大王、しばらくの3連やばいてwwww》
《普通にアナウンサー軍団放送事故で草》
《もう「延く」は 「しばらく」 って読むようにしようぜw》
《三度の「しばらく」伊沢さんめっちゃ驚いた顔してたwwwwww》

といった声があがっている。

凡ミス続きだったが、視聴者はアナウンサーに対して寛容だった。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】