2.5次元俳優・内海大輔に再び批判殺到! 無名にもかかわらず炎上させる手腕

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

俳優・内海大輔による〝器物破損〟が、ネット上で物議を醸している。 この件に関し、都内のハウススタジオ『AYUMI STUDIO』のオーナーが2月9日、ツイッターで説明を求めた。

内海は『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』などを中心に活躍する俳優。2009年に開催された『第22回ジュノンスーパーボーイコンテスト』で、ファイナリスト12人に選出されており、舞台好きの女性の間では知名度が高く、いわゆる〝2.5次元俳優〟として活躍しているらしい。

オーナーは9日に投稿したツイッターで、《秘密基地をYouTube用の動画撮影で時間貸ししたら、土足で使われて鏡を割られた。白い床なのに。当初は土足利用はしてないと嘘つかれたし。その直後に土足で使ってる様子がインスタのストーリーに上がっててショックである》とツイート。割れた鏡の写真をアップした。

さらに、《内海様 昨日はスタジオのご利用ありがとうございました。鏡の破損でお怪我などされていませんでしょうか? 土足でご利用をいただいていたため、床には足跡が残りカーペットはクリーニングが必要な状態です。本日の再三のご連絡にも関わらず、お支払いには応じられないとのことでした》と、内海の不誠実な対応を明らかにした。

「内海は当初、『土足はしてない』と否定していました。その後、オーナーが防犯カメラの映像を確認し証拠をつきつけると、弁護士を通じて鏡を破壊したことを謝罪。しかし、床の塗り替え費用やクリーニング代に関しては、『衣装靴だからきれい』などとしています。加えて、『犯罪者のような扱いを受けるいわれはない』と反論。内海は現在、ダンスボーカルグループ『FIZZYPOP』として活動していますが、以前から問題のある人物として知られているようです」(ネットニュースサイト編集者)

内海大輔の“苦し紛れの言い訳”に批判殺到

この一連の出来事に、ネット上では

《小学生よりヒドい言い訳だな。大人なんだから誠実に、素直に謝罪すればいいのに》
《靴の汚れを歩数で定義する時点で思考回路が人として終わってる》
《こういう世間をナメた奴にはきっちり責任をとらせて、自分のしたことを反省させなきゃ。でないと、またやらかすぞ》
《謝罪の対応を取らないで逃亡してるなんて、社会的人間性を問われても仕方ない。告訴され手も勝ち目はないと思う》
《最初は言い訳、次は時間までに返答しない、舐めてるとしか思えない! 傲慢さがでてるね》
《俳優側が非常識。利用規約を厳守できないものに貸す必要ないし、賠償は当然。今後の活躍に影響でない様に対応すべき》

などと、呆れる声が殺到している。

内海は、2014年にフェイスブックの裏垢が流出し、共演者やファンへの中傷コメントが発覚。加えて、ファンを盗撮していることも明らかになり、炎上した経験もある。

これ以上ファンを悲しませるようなことはせず、心を入れ替えて活動してもらいたいものだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】