HIKAKINも炎上経験アリ! 物議を醸した「3つの動画」の内容とは…

HIKAKIN 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

大人から子どもまで大人気のユーチューバー・HIKAKIN。「誰も傷つけない」彼の人柄が人気の理由であるようだが、毎日のように動画をアップしていると、中には物議を醸してしまうことも。聖人・HIKAKINの物議を醸した珍しい動画を紹介していこう。

まずは、2020年7月10日にアップされた動画。購入したピーマンの中に入っていたという蛾の幼虫『タバコガ』の飼育を始めたことをこの動画で報告。「むしお」と名前までつけ、虫かご、土、木を購入し、好物のトマト、ナス、パプリカなどを与えてVIP待遇に。成虫まで育てて野生に帰す企画を打ち立てた。

しかしこの企画に対して、生物系YouTubeチャンネル『おーちゃんねる』の〝おーちゃん〟が、「蛾になっても、外には逃がさずに死ぬまで面倒見てください」と忠告。なんでも、他県で収穫されたピーマンについていたタバコガを東京で放ってしまうと、生態系が少し変わる恐れがあるというのだ。

これを受けて、HIKAKINの動画のコメント欄には「外に逃がしてはいけない」という声が殺到したが、HIKAKINはお構いなしで成長した「むしお」を野に放つことに。そしてネット上で、プチ炎上する騒ぎになっていた。

HIKAKINの“買占め”行為に批判

続いては、2020年11月14日にアップされた動画。HIKAKINは「激辛チャレンジ」と称し、都内にある激辛ラーメン店を訪れてラーメンを食べていった。なんてことのない動画だが、動画内に映る〝客の行動〟が話題に。

4人いる客は、HIKAKINが入店した時、すでにラーメンを食べていたが、HIKAKINがラーメンを完食してエンディングを迎えた時も、まだラーメンを食べているのだ。あまりにも不自然に長居する客に、エキストラ疑惑が噴出。「周りが違和感あって集中できなかった」「なんか変だなあ」と疑問の声が寄せられていた。

最後は、2021年2月2日にアップされた動画。この中でHIKAKINは、『セブン-イレブン』などで取り扱われている一番くじ『スーパーマリオブラザーズ いつでもマリオ! コレクション』を買ってきたと報告。しかし、「10~15枚くらい買おうかなと思っていたら、30枚買っちゃいました!」と、その店にあった残り全部を購入したと明かすと、一部視聴者から

《企画は面白いけど、他にも欲しがっている人がいるんだよね…》
《そんな事していたら欲しい人できなくなるだろ》
《買い占めはどうかと思う。他にも買いたい人がいるのに》

など、買い占めだと指摘する声があがってしまった。

超常識人のHIKAKINですら批判されてしまうほど、ネット警察の目は厳しい。

【あわせて読みたい】