平子理沙が50歳に!“美魔女”ぶりに驚きの声「アンドロイドみたい」

平子理沙 

(C)まいじつ 

モデルの平子理沙が2月14日、50歳の誕生日を迎えたことを自身のインスタグラムで報告した。

平子は《It’s my birthday~ そして、Happy Valentines Day 50になりました~》と報告。そして、《ひゃ~本当に、あっという間に月日が過ぎていくんですねー。あんまり実感無いけど。でも誕生日は素直に嬉しいですね そしていつも応援していただいてる皆さまに、本当に感謝しています。いつもいつもありがとうございます》とファンに感謝した。

フォロワーからは、

《お誕生日おめでとうございます! 相変わらず若くてキレイですね~。ビックリです!》
《えーーー!? 信じられない! 何でそんなにお若いの!? 奇跡とはこのことですね》
《本当に童顔でかわいいなぁ。まさに純白美少女!》
《理沙さんのすべてに憧れます! 美容&お仕事頑張ってください》
《こんな50歳になりたい! 素敵すぎます》

などと、平子の美貌に感嘆の声があがっている。

「50代に突入した平子ですが、相変わらず昔のスタイルを維持していて、奇跡の美魔女ぶりを保っています。もっとも、ファンのほとんどは平子の実物を見たことがないでしょうから、称賛の声があがるのも納得です。しかし一部では、シミやシワなどのほうれい線が不自然に消えたのっぺり顔に、〝画像加工〟疑惑もあがっているようです」(ファッション誌ライター)

平子理沙の“若作り”に同情の声

実際、平子がアップした写真では、歯の異様な白さや、シワひとつない美肌が際立っている。ネットの一部からは、

《瞳をキラキラさせたり一生懸命若さをアピールしているけど、裏で必死に画像加工してると思うと泣けてくる》
《平子の顔は作り物感満載で、好きになれない。アンドロイドみたいなんだよね》
《なぜそんな頑張って若作りするのか不思議でたまらない。歳をとることや50歳になったらダメなんですか? もっとナチュラルでいいのに》
《若く見られたいのは分かるけど、もう少し自然な感じにしないとかえって痛々しいと思う》
《顔はパツパツなのに手がお婆さん。若さへの執着が見苦しい》

などと、画像加工を指摘する声が後をたたない。

無理して若さを維持するよりも、そろそろ年相応の美しさを磨いたほうが、周囲の好感度もアップしそうだが…。

【あわせて読みたい】