『鉄腕DASH』で恐怖映像!?「見てられない」「手汗ヤバい」と視聴者騒然…

城島茂 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月14日放送の『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)が衝撃映像を流し、休日のお茶の間を恐怖のどん底に叩き込んでしまったようだ。

この日は看板企画「DASH島」で新企画が始動した。島には住民がいた時代に使われ、今では廃棄されたロープウェイが存在している。番組は、復旧や再利用が難しそうだとしてこれまで放置していたが、今回ついに〝再生〟企画が動き出した。

『TOKIO』の城島茂と『SixTONES』森本慎太郎は、知識と経験を学ぶべくロープウェイ現場を訪問。その道の大ベテランである技師から話を聞き、技術を間近で見るため、ゴンドラに乗って支柱まで渡ることになった。しかし、ゴンドラから外には出られないため、一同は〝上に乗って〟支柱まで移動。脚立でゴンドラに登り、寒さと強風に耐えながらひた進んで行く。

移動中の様子はカメラに収められたのだが、むき出しのため風やスピードで揺られており、見ているこちらもかなり恐怖を感じる光景に。また、高さ61mの上に山で傾斜もあるため、立っているだけでもヒヤッとすることが伝わってくる。

「手汗止まらない…」「見てられない」と視聴者恐怖

城島は高いところが得意ではないのか、支柱に着いても「ダメだなこれ…」とハシゴから動けず。ロープウェイの構造を間近で見学する予定だったが、あまりの怖さに「よう行けますね…あかん動かれへん」「こっからの説明じゃダメですか?」と弱音を漏らし始めた。

ネット上にも、映像を見ているだけで恐怖を覚えたという視聴者が続出。特に、高所恐怖症の人は手汗が止まらず、

《ロープウェーは、高いの怖いからみれなかった》
《高所恐怖症なのでDASHみて怖い怖いって言ってる…無理》
《DASHやべえ 絶対無理だわこれ》
《見てるだけで怖い》
《DASH手汗えぐいくらい出る》
《ロープウェイから支柱に乗り移るの観てたらめっちゃ手汗出てきた》
《鉄腕DASH見てたら手汗すごいし足がスースーしてきた》

など、見ていられないとすら感じたようだ。

日曜夜で一家団欒のはずが、思いがけない恐怖に襲われた者も多かったことだろう。

【あわせて読みたい】