『ドッキリGP』に日向坂ファン怒り! やりすぎドッキリに「やめてあげて」

日向坂46 

(C)まいじつ 

2月13日放送の『芸能人が本気で考えた! ドッキリGP』(フジテレビ系)2時間SPが、『日向坂46』の渡邉美穂にドッキリを敢行。しかし、ファンは「かわいそう」と怒りをあらわにし、番組に対する非難を燃やしていった。

渡邉に仕掛けられたのは、タレントのヒロミが「あんまりやるとファンの人に怒られるから…」と遠慮がちに考案したドッキリ。ネット生配信の番組中、ビデオ通話を結んだメンバーの背後で、さまざまな心霊現象が起こるというシンプルかつ古典的なものだ。

仕掛け人はメンバーの佐々木美玲・丹羽明里・高瀬愛奈の3人で、渡邉を含めた4人はビデオ通話でのフリートークを敢行。まずは心霊の話題を出すと、丹羽の背後にあるテレビに、突如として砂嵐が走り始める。

デジタルテレビに砂嵐は本来ありえない現象だが、渡邉は口を覆って恐怖をあらわに。しかし、仕掛け人の3人は気付かないふりでやり過ごし、恐怖感は更に高まっていく。

MC東野幸治は大絶賛も…

その後も、壁に貼っていた御札が剥がれる、人形が倒れるなど、メンバーの背後で続々起こる現象に渡邉は呆然。さらに、女の霊に扮した『ハイキングウォーキング』鈴木Q太郎が各メンバーの背後にひっそりと立つと、絶叫するほどのパニックに陥ってしまう。最後は、女性スタッフがパソコンを置いた机を突き破り、ネタバラシの途中には背後からQ太郎が登場。最後まで渡邉を驚かせた。

「今まで生きてきて一番怖かった」とコメントしたが、特に号泣することもなく、ネタバラシ後にはニッコリと笑顔を見せた渡邉。スタジオは大爆笑、現場も温かい雰囲気で終わったが、ファンからは

《みほちーかわいそうになってきた》
《100点のリアクションだけど、かわいそうになってきた》
《かわいそうすぎて泣いちゃうこれ もうやめてあげて》
《なんか美穂ちゃんかわいそうだなー、いくらドッキリとはいえ…》
《日向坂さんのドッキリはやり過ぎ これはかわいそうだよ》

などの声が殺到してしまった。どうやら「かわいい推しメンがかわいそう」と、歪んだ正義感と愛情に駆られてしまったようだ。

MCの東野幸治は、同ドッキリを「腹ちぎれるほど笑った」と大絶賛。次回にも繋がりそうなほど大好評だっただけに、オタクが怒りを燃やして回るのはありがた迷惑だろう。

【あわせて読みたい】