元『AKB48』小嶋菜月が芸能界引退! 掘り起こされる“置き去り”事件…

(C)Medvid.com / Shutterstock 

元『AKB48』で女優の小嶋菜月が2月14日、自身のブログを更新。3月31日をもって芸能界を引退することを発表した。

この日、『大事なお知らせ書いてます』というタイトルでブログを更新した小嶋は、《2冊目の写真集『またね』を発売させもらうことになりました》と写真集の発売を報告。

写真集のタイトルについて、《さようならではなく、またみんなと会えますように。私との思い出も、私自身のことも忘れないでね。いつかまた会える日を信じていまは、またね。と、いう思いを込めさせてもらいました》と説明し、《私の芸能活動のお仕事も3/31をもって終了させて頂きます。約10年間させてもらってきたこのお仕事を離れる日が来るのかと思うとすごく寂しいですが、、、残りの一ヶ月半、悔いなく皆さんと最後まで楽しい思い出をつくれるようにたくさんいろんなこと計画してるので皆さん、最後まで応援の程よろしくお願い致します》と引退時期を明らかにした。

小嶋菜月が2.5次元俳優に置き去りにされる

「小嶋は昨年10月にツイッターで芸能界引退を発表していましたが、引退時期を明らかにしたことで、気落ちするファンも多いようです。AKB時代には同じ姓の小嶋陽菜がいたため、どうしても影が薄くなりがちだったことは否めませんでしたね。もっとも、自らの引き際をきちんと表明したのは、いかにも今時のアイドルといった感じで評価できます。一般社会でも頑張ってもらいたいですね」(アイドルライター)

小嶋といえば、思い出されるのが2017年8月に炸裂した〝文春砲〟だ。熱愛が報じられた2.5次元俳優の渕野右登が、記者の突撃に小嶋を置いて逃げ出したのは衝撃的だった。

「渕野の自宅マンションでお泊りしていた小嶋でしたが、翌日、2人でデートしていた際に文春の記者が突撃。すると、何を思ったのか渕野はその場から逃亡し、小嶋が1人現場に取り残されてしまいました。小嶋はそのまま無言で立ち去ったといいますが、置き去りにされたことがかなりショックだったのは想像に難くありません。もっとも、当時、もう1人の小嶋陽菜が11年間恋愛禁止を貫いていたのですから、ファンからは同情の声は一切ありませんでしたね」(芸能記者)

当時、口さがないファンから「小嶋菜月の良さを分かってくれる男がいて嬉しい」などと揶揄された小嶋。芸能界引退後は、大手を振って彼氏とデートする日を楽しむかもしれない…。

【画像】

Medvid.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】