5分でサッとできるパソコンの「キーボード掃除法」

(C)Shutterstock

仕事をする前や定期的に、デスクの上をきれいにしたり、パソコン画面を拭いたりする人は多いと思われる。そこで、結構見落としがちなのが、パソコンの“キーボードの汚れ”だ。作業中に間食するような人なら、なおさら食べこぼしが間に挟まったりしているはず…。

そこで手軽に掃除できる方法をご紹介。まずは空気でホコリを吹き飛ばすやり方。エアダスターやエアブラシなど、100円ショップでも売っているが、いますぐ掃除をしたい! という人はヘアドライヤーの冷風を当ててみよう。

もちろん掃除機でゴミを吸い取るという方法もあるが、威力が強いとキーが外れてしまうこともあるので、スイッチの設定は“弱”で。吸い込み口にストッキングなどを当てておけば、さらに安心だ。

専用グッズを買うならキーボード専用のジェルを。ペタペタとくっつけて、ゴミを粘着。除菌効果があるのもうれしい。

 

仕上げには「ウェットティッシュ」

頑固なホコリには隙間用歯ブラシがおすすめ。ブラシはゴム製のものを選べば、キーボードを傷つける心配もない。

ホコリがとれたらウエットティッシュで仕上げを。ただし、ポタポタと薬剤が垂れるほど湿り感が強いものはNG。パソコン専用のウエットティッシュも売っているので、利用するのもいいだろう。

本格的に掃除をするならキーを外して掃除をする方法もある。これは、何かが詰まってしまってキーボードが押せない場合に試したい方法。素人でも掃除はできるが、腕に自信のない人は、やっぱりやめておいた方がいいかも…。

キーボード分解までいくと、まさに年末の大掃除並みの手間と丁寧さだが、そこまでしなくてもきれいに保てるよう、日々の掃除をお忘れなく!

 

【画像】

(C)CODEANT STUDIOS / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声

※ 「イッテQ」が手越祐也に容赦ない仕打ち

※ ドラマ・僕たちがやりましたで「狂気の演技」が大評判の俳優

※ コード・ブルー共演の山下智久と有岡大貴にある「距離感」の理由

※ てこ入れに過激濡れ場連発も「僕たちがやりました」視聴率瀕死