加藤紗里“炎上商法”の限界? 新YouTubeチャンネルの登録者数が悲惨…

加藤紗里 

(C)まいじつ 

タレントの加藤紗里が2月15日、新しいYouTubeチャンネルを開設。これまでの動画が「全部削除された」と報告した。

加藤は同日更新したインスタグラムのストーリーズで、《Youtube乗っ取られたから新しいアカウント作ったよ》と報告。新しいYouTubeチャンネルでは、スタッフが「垢BANかなと思って色々調べたんですけど、アンチの〝乗っ取り〟ということが判明しまして」と説明した。加藤はすっぴんで登場し、「嫌がらせでしょ? なんか憎まれ子世にはばかるみたいな」「傷ついてるけど…カメラの前では出さん」と、いつもとは一変して〝しおらしい〟姿を見せた。

まさかの動画全削除に、ファンからは

《乗っ取りってひどいなぁ。さすがにやりすぎだと思う。頑張ってください》
《せっかくの動画が消えたのかぁ。そりゃいきなりそんなことになったら誰だって傷つくよね》
《アカウントの乗っ取りは不正アクセス禁止法で罰せられるので、きっちりと調べたほうがいいですよ。タチが悪いやついるな~》

などと、同情の声があがっている。

“垢BAN”スレスレの炎上動画に厳しい声

しかし一方で、アンチからは

《乗っ取りはアウトだけど、世の中にどれだけあなたに傷つけられた人がいるか。今一度考えるにはいい機会》
《また再生数稼ぎのためのヤラセじゃないの? 本当に乗っ取られたなら法的措置に出たほうがいい》
《失礼な動画や規約違反ギリギリの動画ばかりあげてるからでしょ。自業自得》
《アンチが増えない努力はできないのか? 身から出た錆じゃん》
《今までの行動を考えると、これもまた自作自演の騒動なんじゃないのか?って思えてくる》

などと、厳しい指摘が飛び交っている。

今のところ、動画での説明以外に詳細は明かされていないため、本当にアンチから乗っ取られたのかは定かではない。また、新しいチャンネルには【シングルマザー日本代表】などと明記されており、ネット上では《勝手に代表を名乗るな》《この期に及んでまだ煽ってる》などと、非難の声も寄せられている。

加藤の以前のチャンネルは、4万5700人の登録者数がいて、投稿された動画は137本、再生回数は1587万回超を数えていた。しかし、新しいチャンネルは16日16時時点で500人にも到達していない。

これから、どのような手法で再生回数と登録者を増やしていくのか注目だ。

【あわせて読みたい】