無意識の“子育てマウント”に非難殺到! 猛バッシングされた女性タレントニュースランキング

松本伊代 

(C)まいじつ

メディアで発した何気ない一言がきっかけで、猛バッシングを浴びてしまうこともある人気の女性タレントたち。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝お騒がせ女性タレント〟にまつわる記事をご紹介します(2/18配信まで集計)。

1位 松本伊代の“何気ない一言”に批判殺到「無意識のマウント」「タチ悪い」

松本伊代の“何気ない一言”に批判殺到「無意識のマウント」「タチ悪い」

2位 上原多香子がまたも“大暴走”! 無計画発言に呆れ声「絵に描いた様な転落人生」

上原多香子がまたも“大暴走”! 無計画発言に呆れ声「絵に描いた様な転落人生」

3位 きゃりーぱみゅぱみゅ“枕営業”容認も「偉そう」「誰目線?」

きゃりーぱみゅぱみゅ“枕営業”容認も「偉そう」「誰目線?」

4位 LiSAのファッションブランドが“ダサい”と話題!「ヤンキーみたいなセンス」

LiSAのファッションブランドが“ダサい”と話題!「ヤンキーみたいなセンス」

5位 島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」

島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」

6位 『東大王』鈴木光とは決定的に違う?“司法試験”合格の染井明希子は過去に…

『東大王』鈴木光とは決定的に違う?“司法試験”合格の染井明希子は過去に…

7位 Kōki,も“父親ジャケット”着用! 家族総出のアピールに呆れ声

Kōki,も“父親ジャケット”着用! 家族総出のアピールに呆れ声

8位 Ado『うっせぇわ』のコメント欄が地獄!“イタいコメント”を探すネット民

Ado『うっせぇわ』のコメント欄が地獄!“イタいコメント”を探すネット民

9位 “老害”発言だけじゃない! 松嶋尚美の『バイキング』失言3選

“老害”発言だけじゃない! 松嶋尚美の『バイキング』失言3選

10位 フワちゃん“ありえない音”配信に批判殺到「本当に汚い」「下品すぎる」

フワちゃん“ありえない音”配信に批判殺到「本当に汚い」「下品すぎる」

11位 LiSA人気は去年まで!?『紅白』公式動画でYOASOBIに圧倒的完敗…

LiSA人気は去年まで!?『紅白』公式動画でYOASOBIに圧倒的完敗…

12位 フワちゃん“嫌いな女”に毒舌も「不快感しかない」「お前が言うな」

フワちゃん“嫌いな女”に毒舌も「不快感しかない」「お前が言うな」

13位 LiSA“年齢詐称”疑惑も浮上! 椎名林檎&MISIA好きはアラフォー?

LiSA“年齢詐称”疑惑も浮上! 椎名林檎&MISIA好きはアラフォー?

14位 ラブリ“強制わいせつ”で書類送検!「これが社会派インフルエンサーの実体か」

ラブリ“強制わいせつ”で書類送検!「これが社会派インフルエンサーの実体か」

15位 元『乃木坂』白石麻衣のロケに“苦情”?「しんどすぎる」「酔いそう」

元『乃木坂』白石麻衣のロケに“苦情”?「しんどすぎる」「酔いそう」

16位 おっさん世代が冷や汗! 女子高生歌手・Adoに「自分の黒歴史を見てるみたい」

おっさん世代が冷や汗! 女子高生歌手・Adoに「自分の黒歴史を見てるみたい」

17位 ファーストサマーウイカに壮絶過去!? アイドル時代の「セクハラ地獄」が強烈…

ファーストサマーウイカに壮絶過去!? アイドル時代の「セクハラ地獄」が強烈…

18位 LiSA人気は『鬼滅』のおかげ? 新曲MVの“便乗タグ”設定が発覚

LiSA人気は『鬼滅』のおかげ? 新曲MVの“便乗タグ”設定が発覚

19位 大塚愛が“あいみょん”をパクる? 最新姿に「ブレないね」

大塚愛が“あいみょん”をパクる? 最新姿に「ブレないね」

20位 ギャル曽根の“豪快な食べ方”に苦情「音が不快」「チャンネル変えた」

ギャル曽根の“豪快な食べ方”に苦情「音が不快」「チャンネル変えた」

上原多香子の言動に「イメージが悪すぎる」

1位に選ばれたのは、タレントの松本伊代。2021年1月6日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に出演し、堀越高校の同級生で、元アイドル・新井薫子と画面越しの対面を果たしました。松本は過去に2度、番組を通して新井との対面を希望していたといいますが、いずれも断られたそう。そして今回、ついに取材が承諾されたことに大喜びしました。

「新井は高校時代にデビューしましたが、その後、体調を崩して高校を中退し、名古屋の病院に4カ月も入院していたといいます。退院後は、控えめに芸能活動を続けていましたが、現在は現代美術家として活躍。19年前に吉本興業とマネジメント契約していたようです。松本からのオファーを断っていたのは、『(オファーを)知らなかった』という、単なる〝行き違い〟だったようですね。松本は新井の〝華麗なる転身〟にかなり驚いたようで、『昔からすごい行動力のある子で。自分が子育てしている間にいろんな事にチャレンジして…。すごい』と感心しきりでした」(芸能記者)

懐かしの対面を果たした松本ですが、ネット上では「いちいち子育てとか言わなくてもいいのに」や「無意識にマウントしてますよ」など非難の声が殺到。松本にしてみれば無意識での発言だったようですが、余計な一言が上から目線と感じてしまう視聴者も多かったのかもしれません。

続いて2位に選ばれたのは、4人組ダンスボーカルグループ『SPEED』の上原多香子。上原は2020年10月11日に〝ゆうが風花〟の名前で新しくインスタグラムを開設。景観アーティストでガーデニングの第一人者・石原和幸氏に弟子入りしたことを明かしていました。しかし、実質的な活動はほぼなく、インスタグラムのアカウントも程なく削除されています。

「2021年2月8日付の『週刊女性PRIME』によると上原は、石原氏の助言の元、3人ユニット『ゆうが風花』を結成。本格的に園芸について学ぶ姿勢を見せていました。しかし、石原氏が企画した長崎市の庭園で行われたイベントを『やっぱり行けません』とドタキャン。新型コロナを理由に休業し、一向にヤル気を見せていない模様です。将来は花や緑を広める講演会を中心に活動していくと表明していましたが、その決意もどこへやら、お茶を濁しているようです」(芸能記者)

上原の言動に、ネット上では、「お世話になった人のイベントをドタキャンして、あまりにもイメージが悪すぎる」や「そんないい加減だとまた仕事が完全に無くなるのでは?」などの声が続出することになりました。夫で演出家のコウカズヤ氏は現在、ソーラーパネルの販売員に転職しており、月収100万円という報道も。園芸そっちのけであれやこれやと手を出そうとする上原に、「いい加減にしろ」という気持ちかもしれません。

今後、どんな女性タレントがどんな〝お騒がせハプニング〟を巻き起こしてくれるのでしょうか?

【あわせて読みたい】