『ボス恋』上白石萌音の“ウザさ”が限界突破「現実を見ろ!」

上白石萌音 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月16日、女優・上白石萌音主演の連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の第6話が放送された。主人公のウザさに、視聴者からが呆れ声が噴出しているようだ。

同作は、ドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)が務めるファッション雑誌「MIYAVI」の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)と、イケメン御曹司・宝来潤之介(玉森裕太)の恋模様を描いた、お仕事ラブコメディー。

第6話では、「MIYAVI」の広告枠を買いたいという実業家・新谷(細田善彦)が現れる。多額のお金を用意してくれるのだが、その広告を載せるためには、すでに契約している別のクライアントをどかさなければいけないという。

そして交渉の日、麗子と半田進(なだぎ武)が新谷と対面する場に、ひょんなことから奈未も同席することに。半田から「おとなしくしてるんだぞ」と釘をさされた奈未だが、新谷からの提案にいきなり疑問をぶつけだした。

半田は再度「鈴木は黙ってろ」と注意するが、奈未は構わず新谷の提案に意見をぶつけまくる。しまいには、麗子も「黙りなさい」と言い放ち、新谷も麗子に対して「別の場所で2人だけで話しませんか? もう少し静かなところがいいな」と奈未のウザさを遠回りに伝えていた。

上白石萌音のイメージを悪くさせる?

この展開には視聴者からも

《こいつ、黙ってられない病気なの?》
《鈴木、何にも分からないペーペーがしゃしゃり出る問題じゃないからマジで黙ってろ》
《こいつは社会人経験ないの? 箱入り娘なの? なんなの? 現実を見ろ!》
《全然分かってないなら黙ってろよ。イライラする》
《下っ端のくせにうざすぎる》
《このドラマは上白石萌音のイメージを悪くする為に放送しているのか?としか思えなくなってきました》

と批判が殺到している。

しかし続く展開では、奈未の言葉に麗子はなぜか感化されたようで、新谷からの提案を断ることに。そしてなんと、奈未に感謝を伝えていた。この無理やりな〝主人公アゲ〟には、

《奈未の手柄みたいになってるの嫌だわ》
《ないないないないない絶対ない》
《無理があるでしょー》

と呆れ声があがっている。

とはいえ、第6話の世帯平均視聴率は番組最高の11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。こんな役で注目を集めている上白石には同情しかない。

【あわせて読みたい】