『かまいたち』のYouTubeが超つまらない?「アイドルと勘違い」と辛辣声

(C)Remark_Anna / Shutterstock 

「お笑い第7世代」とは一線を画した〝実力派〟として、今やテレビで見ない日はないコンビ『かまいたち』。YouTubeも安定した再生回数を維持しているが、お笑いファンからは厳しい声が向けられているようだ。

「『かまいたち』はアクの強いキャラがセールスポイントで、特に、ボケ・山内健司の奇想天外な言動が人気。流行り物やテレビ界の常識、果ては政治や世の女性をぶった斬る直球発言は、主に同世代の男性から熱い支持を受けています。一方、彼らの公式YouTubeチャンネルを見てみると、その〝作風〟がかなり軟化している様子も伺えます」(お笑い評論家)

動画は1~2日間隔の高頻度でアップされており、再生回数もコンスタントに数十万回を記録するほど好調。しかし、人気の動画を抜粋してみてみると、モーニングルーティン、初見プレイゲーム実況、ダイエット公開、カバンの中身チェックなど、YouTubeではありきたりな企画が並んでいる。

「らしくない」動画ばかりで厳しい声も

ここ最近の動画を見ても、「好きな『サイゼリヤ』『マクドナルド』メニューベスト5」、「ヤフー知恵袋に本人が回答してみた」、「2021年の福袋開封してみた」と、やはりありきたりなものばかり。一応、1カ月に1~2本のペースでコント動画も公開しているが、基本的には〝YouTubeの定番ネタ〟ばかりだ。

「今の彼らが行なっているのは、アイドル・タレントのYouTubeや、一般の初心者ユーチューバーがやりそうな企画ばかり。テレビとは違った表情を見せたいと言えば聞こえはいいものの、実力派として名を馳せているコンビとは思えないものばかりです。特に、山内はこうした〝俗物〟を否定する芸風ですから、これではミイラ取りがミイラになっているようなもの。同じく実力派の『ナイツ』塙が、お笑い論や即興ネタ作り動画を地道に上げているのを見習ってほしいものです」(同評論家)

実際、再生好調の裏側で、ネット上では

《クッソつまらん企画なのじわるな なんか同じような動画ばっかり》
《こんなんで金もらえるのか、いいな》
《鬼越チャンネルで、かまいたちのYouTubeの内容がアイドルと勘違いしているといじり倒す企画をやってほしい》

との声も多い。「かまいたち」のYouTubeを見て、「らしくない」と感じる人が一定数いることが分かる。

テレビではできない〝やりたいこと〟をできるのが利点とされているYouTubeという舞台。「かまいたち」は現在の活用法に満足しているのだろうか。

【画像】

Remark_Anna / Shutterstock

【あわせて読みたい】