『ボス恋』倉科カナの“あざとさ”に女性激怒「クソ女」「浮気だよね」

倉科カナ 

(C)まいじつ 

2月16日、女優・上白石萌音主演の連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の第6話が放送された。新たに登場した倉科カナに対して、ネット上では大ブーイングが起こっている。

同作は、ドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)が務めるファッション雑誌「MIYAVI」の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)と、イケメン御曹司・宝来潤之介(玉森裕太)の恋模様を描いた、お仕事ラブコメディーだ。

第6話では、奈未が仕事場で出くわし、意気投合した美女ヴァイオリニスト・理緒(倉科カナ)が、潤之介の幼馴染で元恋人だと発覚。奈未は、今でも潤之介が理緒に気持ちがあるのではないかと不安になってしまう。

しかし理緒は、潤之介とはもうなんでもないと奈未に告げて「応援する」と背中を押した。さらに潤之介も、仕事仲間たちの前で正式に、奈未と付き合っていることを公言。奈未の不安は取り除かれたかのように見えたのだが…。

「応援するよ!」は女の裏切りフラグ

ある日、潤之介は病院で理緒と出くわすと、そのままランチに誘う。そして理緒は別れ際、手の病気であることを告白し、不安からか潤之介に抱き着き、潤之介も理緒を受け入れて抱きしめた。この様子を奈未は偶然目にして、ひどく落ち込んでしまうのだった。

この一連の流れに、視聴者からは理緒を批判する声が続出。ネット上では

《わー、クソ女》
《なんだよ元カノ。うぜ~な、それは違うだろ》
《りお! やっぱこういうタイプ! あざといよりたち悪いわ》
《浮気だよねこんなん》
《応援するとかいいながらこれはww》
《私応援するよ!っていう女の裏切り率が酷い》

といったツッコミが殺到。理緒を受け入れた潤之介にも批判が飛び交っている。

すでに視聴者の間では、当て馬的ポジションの中沢 (間宮祥太朗)の方が人気となっている。果たしてここから、潤之介が挽回することはあるのだろうか。

【あわせて読みたい】