テレ東“トラウマ映画”『ミスト』を昼下がりに放送「なんでこんな鬱作品を…」

(C)kurhan / Shutterstock 

2月16日にテレビ東京系で、トラウマ映画として名高い『ミスト』が昼下がりの時間帯に放送された。大胆すぎる采配が、映画ファンの間で話題になっている。

同作は、スティーヴン・キングの小説を原作にしたSFホラー映画。一寸先が見えないほど深い霧に覆われた街で、人々が異形の〝何か〟に襲われていく…といった物語だ。単純なパニックホラーとしても十分楽しめるが、『ミスト』の見どころは、なんといってもスーパーマーケット内に閉じ込められた人たちの人間模様。あらゆる情報が遮断された店内で変な宗教が流行ったりと、異形の怪物以上に恐ろしい人間の本質的な部分も描かれている。

そんな『ミスト』がトラウマ映画として恐れられている所以は、やはり衝撃的なラストの展開。ある程度ホラーが好きな人でも、ちょっとした覚悟が必要なレベルの〝胸クソ展開〟となっており、映画ファンの間では、

《見終わった後に割とガチで気分が悪くなる映画》
《かなり考えさせられるいい映画だけど、ラストがあまりにも衝撃的》
《後味が悪いと聞いていたけどこれほどとは…》
《間違いなく傑作だけど万人に勧められる映画ではない》

などと評価されてきた。

テレビ東京『ミスト』放送の采配に戦慄する人々

そんないわくつきの映画『ミスト』が昼過ぎの『午後のロードショー』で放送されたとあって、SNSなどでは、

《まったりとした昼下がりに刺激を与えてくれるテレ東さんさすが》
《このご時世に『ミスト』を放送するセンスが大好き》
《なんでこの鬱映画を昼に放送しようと思ったのだろうか…》
《テレ東で『ミスト』やってたのか。見たかったような見たくなかったような》
《昼に『ミスト』はさすがに攻めすぎ》

といった声が続出した。

さらに映画好きで知られる声優の諏訪部順一も、17日にツイッターで《あー、昨日の昼間、テレ東で『ミスト』放送したんだ。面白いけど後味最悪のトラウマ系映画。しばらく鬱々とした気分が続くヤーツ。面白いけど》と反応。〝昼に『ミスト』が放送される〟という事態の、話題性の高さがうかがえる。

ちなみにテレビ東京は、過去にも何度か『午後のロードショー』で『ミスト』を放送してきた。またいずれ放送されるかもしれないので、未視聴の人は挑戦してみてはいかがだろうか。きっと退屈な昼が吹き飛ぶはずだ。

【画像】

kurhan / Shutterstock

【あわせて読みたい】