指原莉乃“男性のLINE”添削に批判「女代表なの?」「このご時世に…」

指原莉乃 

(C)まいじつ 

2月17日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、タレントの指原莉乃が男性のLINE文章の添削を行った。しかしこれが、物議を醸している。

指原は、SHELLY、鷲見玲奈とともに3人で、「女性の気持ちを知ってアップデートしたい」と願う男性ゲスト、ウエンツ瑛士、松丸亮吾、DJ松永のLINE文章を添削することに。

まず、松丸がLINEの文章をなんて返すのか思い浮かばず、「お!」とだけメッセージして繋ぎを入れていることに、指原は「時間稼ぎの『お!』はいらない、サクッと送ってくれた方が待たなくていいから」とアドバイスした。

そして松永の文の添削では、食事にいった女性に敬語のお礼メッセージを送りつつ、一人称が「俺」となっていることに注目して、「計算してなさとか、めっちゃいい」と称賛。考えすぎている松丸の文はキュンとしないが、松永の自然体な文は良いと明かした。

ほかにも指原は、「クリエイターズスタンプ」を使うことに対して、「やめたほうがいい」「ギャグセンスを試されている感じがするので、付き合ってからだったらいい」「好きな女性に対しては無難なオフィシャルっぽいのがいい」「スタンプの種類の豊富さは浪費癖が心配になる」といった私見を述べていった。

「清々しいほどのダブルスタンダード」

するとこれらの発言に対して、番組視聴者からは

《指原さんは全女性の代表みたい言いっぷりだな、と思って見てた》
《私が正解感が嫌だ。そう思って言ってないのは分かるけどそう受け取れちゃう》
《女子代表みたいな意見したりしていましたが、私は全く同意できないし、周りの友達もそんなのばかりではない。指原さんが世の女性の代表です!みたいにコメントするのはとても胸糞悪かったです》

など、指原が女性代表ヅラをしているとの批判が続出。また、女性たちが男性を品評するような企画にも

《女が男に上から目線でもの申す系の番組って、そんな「楽しい」って思う?》
《ジェンダー問題云々言ってるニュースと同じメディアを使って、ジェンダーの塊のコンテンツを放送する。別にこの局に限ったことではなく、これが今の現実。清々しいほどのダブルスタンダード》
《逆に男が女のLINEを添削するって企画ってあってもいいけど、このご時世だと難癖つけられる企画だな》

など批判的な声が多くあがっている。

番組では男性側からお願いしているという体だったが、それでも気になってしまう視聴者は多かったようだ。

【あわせて読みたい】