ジャニオタ勘違い!『水ダウ』の英語禁止ボウリングに「マネすんな」と発狂

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

2月17日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、英語禁止ボウリングが放送された。この企画に対し、ジャニーズJr.の『HiHi Jets』ファンがパクリを主張し、ネット上からはドン引き声が続出している。

同日の番組では「英語禁止ボウリング すゑひろがりず最強説」と題し、お笑いコンビ『すゑひろがりず』の2人と岡野陽一&『空気階段』鈴木もぐらが英語禁止のボウリング対決を行うことに。しかし、ジャニオタは「HiHi Jets」がYouTubeチャンネルで行っている企画のパクリだと思い込み、

《水ダウで英語禁止ボウリングやってたらしいの草。HiHiのマネすんな》
《英語禁止ボウリングとかHiHiやん》
《まーた時代の最先端いってるわ、HiHi Jets》
《英語禁止ボウリングと言われたらHiHi Jetsなんですけど()》

といった声を寄せていた。

「『HiHi Jets』は公式YouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』で、英語禁止ボウリングの動画をアップしています。34万以上の再生数を誇り、ファンを巻き込んで大盛り上がりしているようです。ファンはこの動画の印象が強かったため、パクリを主張しているのでしょう」(芸能ライター)

ジェネレーションギャップが原因!?

しかし同企画の元祖は、残念ながら「HiHi Jets」ではない。真実を知る一般視聴者からは、

《英語禁止ボウリングは全然HiHiが元ネタじゃないからね…?》
《HiHi Jetsの企画やんとか言うてる人おるけど、志村さん鶴瓶さんナイナイの企画やからな!》
《ジャニヲタさんが怒ってて、志村さんとつるべさんの元ネタが知られてないことにジェネレーションギャップを感じた》

といったツッコミの声が続出していた。

「同企画は元々、お正月の恒例特番『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(テレビ朝日系)で始まったもの。2001年から毎年行われており、約20年もの歴史があります。昨年志村けんさんが亡くなられたことで、今年は笑福亭鶴瓶とお笑いコンビ『千鳥』の大悟がチームを組んで『ナインティナイン』と勝負していました」(同・ライター)

知らないことは罪ではないが、何も調べずに起源を主張することはあまり感心できることではないだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】