『ゴチ』松下洸平が“特技”披露も「クソダサかった」「微妙過ぎ」

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock 

2月18日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!』で、新メンバーの松下洸平が特技を披露した。視聴者は興味津々の様子で見入ったが「ダサかった」「微妙過ぎ」との声が出ている。

この日は、声優・花江夏樹とタレント・岡田結実がVIPチャレンジャーとして出演。高級和食店でバトルを展開した。

料理が好きという松下は自前の包丁を持参し、キャベツを千切りにしてみせた。「食べることよりも切るという作業が好き」という松下は、キャベツを真っ二つに割ってからキャベツを千切りにして「分かります? このザクザクしてる音。これが好きなんですよ」と周囲にアピールした。

ただ、切ったキャベツは千切りというほど細くは見えないと共演者は感じたようだ。共演者はリアクションに困った様子を見せると、松下は「え、引いてます?」と我に返った。

『NEWS』増田貴久もバッサリ「うまくない」

『NEWS』の増田貴久は「わざわざマイ包丁持ってくるほどうまくない」とバッサリ。花江は「もっと細いのかなと思って…」とダメ出しを続けると、松下は「もういいって!」と嘆いていた。

松下の包丁の腕前が思ったほどでもないと感じた視聴者は多かったようだ。ネット上にも

《マイ包丁持ってきて千切りクソダサかったのおもろいな松下さんwww》
《キャベツは千切りじゃあ無いって突っ込まれたけど。 あれは誰にでも突っ込まれるな》
《松下さんのキャベツの千切りレベルが微妙過ぎて、リアクションに困る現場とお茶の間の気持ちを代弁してくれたwwww》
《今の松下さんのキャベツの千切り見てて、えっ?別にそんなにじゃない?と思ってたら、みんな同じ事思ってた》
《みんなが見たいキャベツの千切りじゃないっていう空気だけ感じ取って欲しい》

などの投稿が見られた。

だが、腕前は微妙としながらも、テレビでわざわざ披露した松下の勇気には称賛の声も。好感度は徐々に上がりつつあるようだ。

【画像】

Vladimir Gjorgiev / Shutterstock

【あわせて読みたい】