『TKO』木下隆行が“地上波で謝罪”も批判「バカにしてんの?」

木下隆行 

(C)まいじつ 

『TKO』の木下隆行が2月18日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演。後輩にペットボトルを投げつけた事件について真相を明かしたが、視聴者はこれに反発している。

この日の放送は「人生が180度激変した人SP」。『次長課長』の河本準一は冒頭から「ペットボトル投げ名人の人でしょ?」とイジったが、木下は「もう今、紙コップです。全然」と冗談を放ちながら「反省してます」と謝った。

木下は、『オジンオズボーン』篠宮暁にペットボトルを投げつけるにいたったトラブルを「プロレス」と表現。後に周囲に促され、お互いに謝罪して和解したというが、事件をきっかけに雑誌に書き立てられたと口に。松竹芸能から「マネジメントできない」と告げられ、「僕も申し訳ないことをした」と退所に至ったという。

ペットボトル投げを「プロレス」と形容

『ネプチューン』名倉潤が「人生、一個(のトラブル)で終わんねんて」と説くと、木下は「本当に反省しました」とポツリ。河本も「昔のクリーンなときの自分に戻ろうと思ったら大間違い」と指摘した。

木下は終始反省した様子だったが、それでも視聴者は木下に批判を投げかけている。ペットボトルを投げつける行為だけで批判されているのではなく、それまでの行動にも問題があったのではと指摘。またペットボトルを投げつける行為を「プロレス」と形容したことにも違和感を示していた。ツイッターには

《ペットボトル投げたのをプロレスってなんなん? プロレスの事をバカにしてんの?》
《木下、どう振舞っても「自分が弱者」みたいな感じなのが嫌悪感》
《なんか篠宮に謝ってるようで、自己保身》
《プロレスって言葉を予定調和の意味で使って丸藤に怒られたと思うが、久々のテレビでまた連発しちゃまずいだろ?》
《いや違う。木下普段から問題あったはずだ。じゃないと退所までいかんやろ》
《一回ペットボトル投げただけで、180度人生が変わったってなってるけどそれまでの積み重ねで、ただのキッカケでしょう》
《木下はペットボトル投げつけのみじゃなくて、積み重ねじゃないのか?》

といった声が寄せられている。

久々の地上波出演となった木下。今後も出演の機会があればいいが…。

【あわせて読みたい】