ガキ使特番「スマホなし待ち合わせ」好評もレギュラー放送に懸念

(C)まいじつ

バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の特別編として、『絶対に集合しなくてはいけないスマホなしで待ち合わせ』が7月17日に放送された。年末に放送される『笑ってはいけない24時』シリーズ以外では12年ぶりの特別番組だったが、視聴者からは視聴率低下を不安視する声が相次いだ。

この日の放送時間帯は祝日の22時から。通常の毎週日曜23時25分よりも視聴者の多い時間帯に放送することで、レギュラー放送の視聴率の底上げを図ったものと思われる。

ゲストは伊勢谷友介と川口春奈、ピエール瀧、加藤諒、滝沢カレンらで、東京都内で《大きなビルといえば?》や《美術館といえば?》などのお題に対し、スマートフォンなしで全員が情報を集め、同じ場所に集まるまで挑戦し続けるという企画だった。

番組内容は比較的好評だったようで、ツイッターでも《ダウンタウンの会うやつ面白かった》や、《また違う内容で特別編をやってほしい》など、好意的なつぶやきが見られた。

 

何でも「~してはいけない」と付ける番組編成に疑問も

一方で、視聴者が疑問視したのは番組のタイトルだ。《「笑ってはいけない」は「タレント出しときゃいいんだろ」みたいに、一般的なバラエティーと同じ番組のつくりになって一気に質が落ちた》と、年末特番の人気にすがる姿勢を疑問視する声もあった。

同番組はマンネリ化を打破するためか、1989年の番組スタート以来変えていなかったオープニングタイトルと番組ロゴを4月2日放送分から変更した。『ダウンタウン』によるフリートークのコーナーも8年ぶりに復活したが、視聴率は7.1%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、前週の6.9%と比べて、ほとんど変わらなかった。

年末の笑ってはいけない24時シリーズの視聴率は毎回、民放のトップだ。DVDの売り上げもあるため、これまではレギュラー放送の視聴率が悪くても問題はなかったのかもしれないが、編成担当にも焦りはあるのだろう。

今回の特番がレギュラー放送の視聴率に波及しなければ、レギュラー放送打ち切りの心配も出てくるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 熱愛発覚の小泉孝太郎が悩む結婚への「障壁」

※ 「セシルのもくろみ」真木よう子の演技と激ヤセに驚愕の声

※ 松居一代の公開した動画に「法に触れる可能性」のある行為が…

※ 豊田真由子議員の風評被害を受ける元「ほっしゃん。」星田英利

※ ベッキーに24時間テレビの「過激裏番組」からオファーか