Mステ『きゅんです』歌手“初の顔出し”も視聴者困惑「カメラ遠い」

(C)pathdoc / Shutterstock 

顔出しNG歌手の〝ひらめ〟と〝りりあ。〟が、2月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。顔を伏せて登場したのち、うっすらと素顔を公開し、話題を呼んだ。

トレンドに疎いオジサマ・オバサマ方に説明すると、ひらめとりりあ。は、共に『TikTok』発インスタグラム経由で大ブームを起こしている歌手。りりあ。は、彼氏に浮気された友人の体験を歌詞にした『浮気されたけどまだ好きって曲。』が若者の心をつかみ、「TikTok」用楽曲から配信リリースへと飛躍、チャートを席巻している。

ひらめは、明るい10代~20代前半の若者にとって、どんなヒットソングよりも馴染みがあると言われている『ポケットからきゅんです』の歌い手。こちらは「きゅんです」がすでにネット用語にもなりつつあるため、1度は聞いたことがあるだろう。

これまでにもメディア出演自体はあった2人だが、顔や年齢といった素性は一切明かさず、露出してもかなり限定的なもの。事前のSNS告知でも、自身が描いたというイラストを顔に当てての登場となっていた。

時代性を感じさせる斬新な演出

2人はオープニングやトークコーナーでも、このイラストを顔に当てて登場。しかし、ひらめはパフォーマンスに入るとついにイラストが外され、遠巻きのアングルに薄いボカシ加工はあったが、その素顔がメディアで初公開された。一方のりりあ。は、顔から下しか映さない状態でギターを弾き語り。顔出しNGの歌手が登場、イラストで顔を隠し、パフォーマンスでは対応が分かれるという、新しい形の演出となった。

なんとも現代らしいこの斬新な演出は、ネット上でも大きな話題に。特に、遠巻きでボカシながら素顔を初公開するひらめの手法は、

《ひらめが素顔初出しでもカメラのフォーカスボヤけさせる新しい演出!》
《ひらめちゃんMステでの初顔出し、カメラ遠いし近く来たらちょっとピントぼかしてるの笑う》
《顔出しって言いながらカメラのピント合わせてないから、わたしまた視力悪なったんかと思ったわ》
《カメラが遠くて草》
《かわいいじゃん》
《声優顔だな》
《女芸人の吉住みたい》

など、様々な反響を呼んだ。

「TikTok」は、受け入れられるか否かで、若者か老害かの分水嶺になると言われている。頭の堅い視聴者は、この放送を機に若者文化に触れる気が起きただろうか。

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】