上白石萌音『ボス恋』胸クソ悪すぎる恋愛シーンに悲鳴「吐きそう…」

オー!マイ・ボス!恋は別冊で 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月23日、女優・上白石萌音主演の連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の第7話が放送された。視聴者の心をえぐる〝胸クソ描写〟に、ネット上では悲鳴がこだましていた。

同作は、ドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)が務めるファッション雑誌「MIYAVI」の編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)と、イケメン御曹司・宝来潤之介(玉森裕太)の恋模様を描いた、お仕事ラブコメディーだ。

これまでの話では、奈未が仕事場で出くわし、意気投合した美女ヴァイオリニスト・理緒(倉科カナ)が、潤之介の幼馴染で元恋人だと発覚。さらに奈未は、2人が抱きしめ合う姿を偶然目撃してしまい、ショックを受ける。

そんなときに、「MIYAVI」編集部の中沢(間宮祥太朗)が「俺ならお前のこと泣かせない」と奈未に告白。突然のことに、奈未はただただビックリするのだった。

そして第7話、奈未は同僚たちと楽しんだBBQの場で、潤之介からもらったブレスレットをなくしてしまう。すると中沢は、奈未と一緒にその場に残り、夜遅くまでブレスレットを一緒に探した。

さらに夜になると、中沢は奈未だけ旅館に泊まらせて、自分は一人でブレスレットを探し続けていく。そしてついに中沢はブレスレットを見つけたのだが、朝に奈未が泊っている旅館に向かうと、そこには潤之助と抱き合っている奈未の姿が。中沢は奈未の荷物の横にブレスレットを置き、何も言わずにその場を立ち去るのだった…。

上白石萌音がモテすぎ?

一途に奈未を想い続ける中沢に視聴者は心を打たれたようで、切なすぎる描写に

《胸クソになりました》
《胸クソすぎて吐きそうw 中沢さん辛ぇ…》
《切ないというより、たただた胸クソが悪い》
《中沢、あんなかっこよくて性格もえげつなくイケメンなのに…本当に胸クソ悪い》

など大ブーイングが起こっている。

「同作では、ハッキリいって奈未が魅力的に描かれていないため、『なぜこんなにモテるの?』という疑問が毎週のように寄せられています。さらに潤之助も理緒との関係をうやむやにしたまま奈未に近づくなどしているため、あまり好感度は高くない。メインのカップルより、中沢が圧倒的な人気となっています」(芸能記者)

果たして、奈未と潤之助のカップルが祝福される日はくるのだろうか。

【あわせて読みたい】