ネット歌姫・Reolの発言が物議!「Adoに一瞬で抜かれた人」と辛辣な声

(C)fizkes / Shutterstock 

『TikTok』で人気に火がついたシンガーソングライターのReol(れをる)。先日、『デイリースポーツonline』にインタビューが掲載されたのだが、その中の発言が物議を醸しているようだ。

Reolは、『うっせぇわ』で大ブレーク中のAdoと同じく、動画配信サイト『ニコニコ動画』の歌い手出身。2020年7月にリリースされた『第六感』が、競艇のCMソングに起用されるなど、注目を集めている。

そんなネット出身の歌姫・Reolが、2月21日に『デイリースポーツonline』にて、インターネットミュージックが浸透している昨今について持論を語った。

思い上がり? Reolの天狗発言に仰天

注目を集めたのは、目標の歌手を尋ねられた際の返答。Reolは「いない」と即答し、「目指す所にいる人がいないから私がそれになるだけ。普通にそこら辺にいる1人として価値観を発信し続けたいという思いは強いです」と思いの丈を明かした。この記事が公開されると、ネット上には、

《Adoに一瞬で抜かれたひと》
《尖ってて、そのまま消えていくタイプ》
《言ってることはカッコイイけど、何かに似てるって言われるタイプ》
《歌と声は好きな方だけど、中の人に興味は無いし、むしろ苦手》
《名前が知れわたってムーブメントを起こしてから仰って下さい》
《『第六感』程度で「目指す所にいる人がいないから、私がそれになるだけ」とは笑わせるね! 俺は第七感まで極めている》

などの辛辣な意見が続出。たしかにReolはAdoに比べると、メディア露出が少ない。彼女を知らない人が、こういった感想を抱いてしまうのも頷ける。

また、Reolは同記事内で「昔こそインターネットはパソコンを持っている人だけだったけど、今やスマホ一つで誰でもアクセスできる時代。インターネットとテレビの垣根は今後どんどんなくなっていくと思うし、全ての物がインフレ。カテゴリーやしがらみもなくなって、音楽はますます実力社会になっていくのだと思います」と、音楽シーンについてコメントする一幕も。ネットミュージックに詳しくない人々から、これらの発言がビッグマウスだと思われたのかもしれない。

セルフボーストで自分に発破をかけたReol。ネットミュージック界の歌姫として、若い世代の指針となってほしいものだ。

【画像】

fizkes / Shutterstock

【あわせて読みたい】