『いきものがかり』ボーカルが激変? Mステ出演に騒然「こんな顔だっけ…」

吉岡聖恵 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

絶妙なカワイさがクセになるとして、一部の層からカルト的な支持を受ける『いきものがかり』のボーカル・吉岡聖恵。しかし昨今、その顔に〝変化〟が訪れたと指摘されている。

2月19日、「いきものがかり」は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)3時間SPに出演。TVアニメ『BORUTO』(テレビ東京系)1月クールOPテーマになっている新曲『BAKU』をTV初披露した。持ち前の圧倒的な声量を見せた吉岡だが、視聴者から注目を浴びたのはその容姿。ネット上には、

《聖恵こんな顔になってたのか…》
《聖恵ちゃん、顔が変じゃない?》
《いきものがかり ボーカルって変わった?  同じ子?  あんな顔だった?》
《いきものがかり、顔変わった?》
《聖恵ちゃん明らかに目が変わったよな…?》

など、その変化を指摘する声が上がったのだ。

昨年に引き続き「太った」との声も

「ネットの声をもとに見てみると、確かに吉岡は、以前よりも目がぱっちりとした印象。二重の幅が広がったようにも見え、出演後にインスタグラムにアップされた画像を見ても、どこか変わったような雰囲気が感じられます」(芸能ライター)

さらに、この日は体型に関する感想も目立っていた。当時も報じたが、吉岡は昨年4月の同番組に出演した際、あまり体型にフィットしない衣装もあってか、視聴者から「太った」との声を浴びることに。しかし、約1年が経ったこの日も、

《聖恵ちゃんお顔がふっくらした?》
《聖恵ちゃん、まん丸だったねー》
《久しぶりに見たけど…聖恵ちゃん太った?》
《いきものがかりのボーカルこんなに丸かったっけ》

との声がネット上に広がったのだ。

「この1年ほどを振り返ると、顔に手を加えるには条件が整っていた時期。コロナ禍で仕事や外出が減った上、多忙だった時期に比べれば、若干メディア露出も落ち着きましたからね。しかし、体型の変化も指摘されていることを考えると、イジったというよりは、体そのものに変化が生じているのかもしれません」(前出ライター)

5月には、劇場版『100日後に死ぬワニ』の主題歌という大プロジェクトも控えている同バンド。メディア露出の機会が増え、今より人々の目に止まることが予想されるため、その時にも同様の感想を浴びてしまうかもしれない。

【あわせて読みたい】