飛沫入りシチュー?『ヒルナンデス』ノーマスク料理に批判「気持ち悪い」

南原清隆 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月22日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、俳優・歌手・女形の梅沢富美男が出演。手作り料理を振る舞ったのだが、視聴者からは、このご時世ならではの指摘を受けてしまった。

富美男は同番組でロケに行ったことをきっかけにハマったというコストコへ。精肉コーナーで足を止めると、プライベートでも購入するという牛タンブロックの魅力を「みんな硬いってイメージがあるかもしれないけども、柔らかいのよ!」とディープに熱弁する。

さらに、富美男は孫のようにかわいがっていることを公言している月曜レギュラー・藤田ニコルに、得意料理であるタンシチューを作りたいと興奮。牛タンを買うとキッチンスタジオへ移動し、時短テクを駆使した下ごしらえ術を紹介した。

出来上がったタンシチューは、生放送のスタジオにも用意され、一同で試食を行うことに。その評価は上々で、溺愛するニコルも「柔らかい!」「スプーンで切れる」などと絶賛。恍惚の表情を浮かべるのであった。

お昼の明るい番組にも「マスク警察」が

スタジオは温かな空気に包まれたこのコーナーだったが、視聴者からはこのご時世ならではの指摘が上がってしまう。実は富美男、ポイントを解説するためとはいえ、調理中のおしゃべりがチラホラと目立ったのだ。また、マスクの着用もなかったため、〝マスク警察〟と呼ばれる真面目な視聴者は飛沫を心配した模様。ネット上には、

《買い物中はマスクしていたのに、一番大事な料理ではしないんかwww》
《人に食べさせる飯だったらマスクくらいはしてほしい》
《マスクしろ。自分で食べるならともかく、人に食べさせるならなおさらだろ》
《にこるんにそんなもの食べさせないで!》
《梅沢冨美男がお肉の前でべらべら喋ってるのが気持ち悪かった》
《マスクくらいしろよてめぇこの野郎…》

などの声があがってしまった。

「VTRで流れたのは、買い物から調理までの部分。ロケ日から放送日までは数日あったことが考えられるので、スタジオに用意されたのは富美男のシチューではなく、レシピを基にスタッフが放送前に作ったものでしょう。富美男の飛沫も、スタジオで振る舞われた物とは関係ないのでは。このご時世とはいえ、視聴者も神経質になりすぎでしょう」(テレビ誌記者)

注釈テロップやアナウンサーの説明で、VTRとスタジオの料理は別物だと明かした方が良かったかもしれない。

【あわせて読みたい】