平野レミが“伝説”を更新!『早わざレシピ』で再び未知の料理を生み出す

(C)Deman / Shutterstock 

2月23日放送の『平野レミの早わざレシピ!』(NHK)で、料理愛好家の平野レミが再び放送事故レベルの料理を披露。想像の何倍も上を行く料理の数々に、視聴者たちは騒然としている。

2015年末から始まり、ついに第10弾の放送となった同番組。今回は「2021早春」をテーマに、旬の食材を集めて春を先取りするレシピを紹介していくことに。最初に平野が取り掛かった料理は、鍋にキャベツを丸ごと入れた『どっかん春キャベツ2021』。鍋が閉まらなくなるほど山盛りに具材が盛られ、なぜか平野は「これ食べたら不幸の始まりよ」という名言も残した。

その後は自宅で再現できそうなレシピも紹介されていったが、要所要所にとんでもない料理が。中盤に作った『宙づりフライとスパイシーソース』は、市販のあじフライやえびフライなどを〝洗濯ばさみ付きハンガー〟で吊るして完成というレシピ。もはやアート作品のような一品で、料理番組とは思えない「消毒済みのハンガーを使用しています」といったテロップも流れる。

さらに後半に登場した、穴をあけた大根にサトウキビやラムチョップをぶっ刺した『羊のヒツジゅ品&サトウキビのシガシガ』も、料理とは程遠い仕上がりとなっていた。

平野レミは悪魔と契約でもしたのか?

ちなみに平野はフライを吊るした理由について、放送曜日の火曜日にかけていたようで「チューズデーだったら〝つるすデー〟でしょ!」「つるすのよ、しょうがないから」と理由を明かしていた。独創性の強すぎる平野の料理に、ネット上では、

《人類にはまだ100年早すぎた料理番組》
《料理番組でこんな銃殺されたみたいな大根世界初だろ》
《全人類が初めて見る料理の光景》
《でんじろう先生の実験でもなく、現代アートでもない》
《消毒済みのハンガーが必要な料理番組…》
《駄目だ、揚げ物吊るすのは流石に腹筋崩壊する》
《2021年のレミさんも圧倒的なインパクトを誇る料理を作ってしまった…》

などの大盛り上がりを見せている。

「平野の料理に度肝を抜かれた人は多いと思いますが、中でも〝伝説〟として語り継がれているのは、2014年の秋に『あさイチ』(NHK)で紹介された『ブロッコリーのたらこソース』でしょう。丸ごと茹でたブロッコリーにたらこソースをかけたインパクト重視の料理で、ネット上で話題になっただけでなく、なんと『タカラトミー』がカプセルトイとして販売。今回の『宙づりフライとスパイシーソース』も話題を呼んでいたため、いつかカプセルトイとして売り出される可能性がありますね」(芸能ライター)

平野による次の作品も楽しみだ。

【画像】

Deman / Shutterstock

【あわせて読みたい】