『東大王』鈴木光がぶっ壊れた?「ツボっててかわいい」

(C)wavebreakmedia / Shutterstock 

2月24日放送の『東大王』(TBS系)で、人気東大生の鈴木光が、芸能人の「天然ボケ」に対して笑いが止まらなくなる一幕があった。視聴者は「完全にツボに入っている」などと驚いている。

この日も番組は「早書きサムネイルクイズ」を展開した。出題側はYouTubeのサムネイルを模した画像を作成。画像のヒントをもとに歴史上の人物を当てる速さを競った。

オークションで自分の絵が215億円で売れた、娘の名前を「ハト」にしたなどのヒントから、芸能人チーム、東大王チームそれぞれ5人ずつが「ピカソ」と書いて正解した。

しかしこの時、狩野英孝の解答画面はカタカナ3文字の「ピカソ」でなく、「か」だけひらがなで「ピかソ」となっていた。東大王チームの鶴崎修功が「『か』はなんでひらがな?」と指摘すると周囲からは笑い声が起こった。しかし狩野は「いいじゃん、読めれば!」と開き直る。

狩野英孝の「珍答」に笑い止まらず

鈴木もこれを見て、口に手をやり、体を揺らしながら大笑い。その後、正解を出した中で誰が最速で記入したか発表することに。狩野、伊沢拓司は両手を組み祈ったが、鈴木だけは発表などそっちのけ。口元に手をやったまま狩野の「珍答」に笑い続けていた。

結局、この問題では鈴木が最速を記録したが、視聴者もクイズの結果はそっちのけ。鈴木の大笑いに注目が集まり、

《狩野英孝の「ピかソ」でツボる光ちゃんかわいすぎんか》
《英孝の解答にツボる光ちゃんカワユス》
《「ピかソ」にツボってる光ちゃんまじ天使 そして1位抜け流石です!》
《光ちゃんがツボってて可愛い しかも1位》
《狩野英孝さんにうけまくる光ちゃん》
《狩野英孝さんの回答に光ちゃんめっちゃ笑ってる笑笑》

といった声があがっていた。

鈴木の番組卒業も間近。貴重なシーンとなったようだ。

【画像】

wavebreakmedia / Shutterstock

【あわせて読みたい】