研ナオコの“メーク動画”が134万回再生! すっぴんに「昔と変わらない」

研ナオコ 

(C)まいじつ 

歌手・研ナオコのYouTubeが「ガチですごい!」とネット上で話題になっている。

研が自身の公式YouTubeチャンネルを開設したのは、昨年11月29日のこと。初回動画では、『家の整理をしていたらとんでもない物が出てきました!!』と題して、自宅倉庫に眠っていた大量の『HERMES』の食器を公開。その後、夫の調理したチャーハンを盛り付け、夫婦で食事する姿を披露した。

研のプライベートの姿を見たファンからは、

《歳を重ねる程に味の出てくる研さん、素敵です。エルメスの食器も超豪華! すごいな~》
《すごいお宝が出てきましたね。研さんの変顔みてると、志村けんさんとのコントを思い出します》
《エルメスに食器があるとは知りませんでした。素敵ですね~! 目の保養になりました》
《素敵なご主人ですね。ナオコさんの夫婦みたいになりたい》

などと大反響を呼んでいる。

研ナオコの“メーク動画”に大絶賛

また、一番人気は134万回超再生された『こうして私が出来上がります【メイク早送り】』という動画。すっぴんの研が自らメークを施し、テレビ用の顔に〝変身〟する姿を見せている。

この動画も話題を呼び、

《研さんくらいのベテランだから、いつもメークさんにやってもらってるのかと思ってたら、自らメークしていたんですね! ビックリです》
《素肌がきれいでびっくりしました! やはり歌っている方なので口周りや頬のたるみがなくてさすがです》
《何歳になっても美意識高く持てるの本当に素敵な事だと思います!》
《研ナオコさんのすっぴんが見れる時代凄いなぁ~。昔と変わりませんね》

などと、感服の声が相次いでいる。

「研のYouTubeチャンネルの登録者数は7万人強と、決して多くはありません。しかし、〝地雷メーク〟を披露したり、大人気オンラインゲーム『フォートナイト』をプレイした動画をあげるなど、挑戦する気持ちが垣間見えます。現在までに38本の動画が投稿されており、マネージャーや夫とのコミカルなやり取りも、研のかつてのコントをみるようで、高評価につながっているようですね」(ネットニュースサイト編集者)

1975年から約11年にわたり放送された『カックラキン大放送!!』(日本テレビ系)では、〝ナオコお婆ちゃんの縁側日記〟のコーナーで歌手・野口五郎とコントを繰り広げ、大人気になった研。名実ともに〝お婆ちゃん〟になった現在でも、その人気は変わらないようだ。

【あわせて読みたい】