蛍原徹“ピン活動”に限界の兆候! ネット評判は良くても業界評価は…

(C)Iurii Stepanov / Shutterstock 

相方・宮迫博之の不祥事&不義理によって、ピン活動を余儀なくされている『雨上がり決死隊』の蛍原徹。ネット上では彼を不自然なほど〝アゲる〟言動が目立っている。

2月23日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)にゲスト出演した蛍原は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)のMCが自分1人になってしまった時の心境を吐露。「やっぱり迷惑をかけているから、必死にやらなかあかん。なんとか盛り上げないと」と意気込んで収録に挑んでいるようなのだ。しかし、それと同時に「でも、やっぱりなぁんもできへんな俺。ホンマ。周りの人のおかげ」と、自分の力の無さを実感したという。

『R-1ぐらんぷり』MCをはく奪された

するとこの言葉にネット上では、

《多分そういう蛍原だからこそ、ゲストの話を引き出せる司会が出来るんだと思うよ》
《宮迫いた方が面白いけど、いなくても成立する。その逆でホトちゃんいなくなったら、笑いは取れても、成立しなくてすぐに終わると思う》
《宮迫氏は我が強くて、俺が俺がって感じだったので、今のアメトーークの方が面白く感じる》
《ひと昔前なら、とにかくひな壇をいじり倒すのがセオリーだったけど、今は違うもんな。時代に今の蛍原がきっちりハマってると思う》
《基本ひな壇が面白ければ成立するんで、前と比べて違和感無いし、どちらかと言えば今のほうが面白さ引き出せてんじゃない?》

など蛍原を擁護する声が殺到。宮迫ナシの方が良いという意見も多くある。

「好評の声があがった蛍原ですが、実際に力不足であるのは事実。2020年の『R-1ぐらんぷり』では、宮迫不在のまま蛍原がMCを務めたのですが、あまりにもたどたどしく、ネット上では『蛍原1人じゃどうにもならんじゃん』『ネタの面白さよりも、蛍原の司会の下手さが上回ってしまった』『無観客とか芸のレベルより、司会の蛍原が酷い』といった酷評が殺到しました。そして2021年の『R-1グランプリ』では、『霜降り明星』粗品がMCとなることに。2004年から2019年まで『雨上がり』が務めていた司会の座をあっさり奪われたのです」(芸能記者)

視聴者がどれだけ褒めようとも、業界での蛍原評価はあまり高くない。一刻も早く宮迫に戻ってきて欲しいのは、間違いなく蛍原だろう。

【画像】

Iurii Stepanov / Shutterstock

【あわせて読みたい】