本田圭佑の“大坂なおみライバル宣言”に失笑「ギャグで言ってますよね?」

本田圭佑 

(C)まいじつ 

2月23日のラジオ番組『本田圭佑「NowVoice」』(ニッポン放送)で、元サッカー日本代表・本田圭佑が女子テニスの大坂なおみを語る一幕が。本田らしい〝イケイケ〟発言ではあったものの、残念ながらネット民の失笑を買ってしまったようだ。

この日、本田は2月20日に行われた『全豪オープンテニス女子シングルス決勝』についてトークを展開。大坂が2年ぶり2度目の優勝を飾ったことに「刺激になった」などと語り、彼女の活躍にライバル意識を持っていると語った。

大坂をライバル視しているという発言に、ネット上では、

《ギャグで言ってますよね? 競技は違うが格が違い過ぎます》
《ライバルと思うのは勝手だけど、かなり差が付いているからね》
《あなたと肩を並べる存在ではない。雲の上の存在だと思うが》
《すげぇな…自己評価高過ぎだろ。もっと自分を客観的にみてほしい》
《励みになるとか刺激されるとかならわかるが、ライバルって年じゃないだろ》
《世界一になってから言って》
《もうこれ以上、晩節を汚すのはやめなよ。W杯3大会連続得点の栄光を胸に引退すれば良かったのにな。もはや見苦しいとしか言えない》

などと厳しい意見が続出している。

本田圭佑って今なにしてるの?

たしかに、近年の本田は不調続き。2月10日には、入団が決まっていたポルトガル1部リーグ『ポルティモネンセ』への入団が破談になっている。現在、本田は前向きに移籍先を探しているようだが、果たして見つかるのだろうか…。

「ブラジルの『ボタフォゴ』に所属していた本田ですが、12月30日にチームを去ると発表。電撃退団にサッカー関係者やサッカーファンからは、〝敵前逃亡〟〝悪趣味な冗談〟〝連れてきたことを後悔〟などと酷評されています。また、コロナ禍にも関わらず投稿された『Despedida de Honda(本田の送別会)』という動画も問題視されていました。盛大なパーティーをレストランで行っていたため、批判的な意見が寄せられています。ピッチ以外でも批判を浴びた本田の評価は現在、地に落ちたといってもいいでしょう」(スポーツライター)

現在34歳の本田。大坂と肩を並べるくらいの活躍をもう一度見せてほしいものだが…。

【あわせて読みたい】