『紅蓮華』作曲者・草野華余子バラエティー初出演! 面白すぎる生態が大反響

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌として、国民的な知名度を誇るLiSAの『紅蓮華』。そんな同曲の作曲を手掛けたシンガーソングライター・草野華余子が、2月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演を果たした。ネット上では草野の言動をめぐって、大きな反響が巻き起こっているようだ。

この日の番組では、好きなものを好きなだけ食べる「偏食女」について特集。スタジオには草野をはじめとした偏食家の女性が集まった。現在、草野は都内の1LDKで一人暮らしをしており、好みの食材を買い溜めしているとのこと。

取材中には、彼女の家にりんごジャム10個、別のメーカーのりんごジャム5個、りんごの缶詰15個、10個入りのりんごタルト4個、ドライフルーツのりんご10個など、りんごを使った商品が大量に届いていた。草野はりんごにハマっており、たくさん頼むのはそれぞれを比較するためだそうだ。

なんでも爆買い? 視聴者から爆笑と戸惑いの声

爆買いはりんごだけにとどまらず、サーモンを使った食品やコーン茶などの商品も。草野の〝爆買い偏食〟には、彼女のクリエイター仲間やマネージャーも辟易しているという。草野のユニークすぎる生態に対して、ネット上では、

《草野さんの偏食スゴい。リンゴジャムとかドライフルーツ買いまくってる…》
《相変わらず面白かったです。あの紅蓮華を作曲している人がまさかの爆買いクイーンだだった事実に、観ていた自分も思わず仰天していました》
《やっぱり作曲家の草野さんの偏食すごかった》
《草野華余子姐さんの初バラエティー、やっぱり面白すぎた件》
《紅蓮華の作曲家さん、儲かってまんな~浪速の商人や~》

といった反響が続出している。

ちなみに、草野はこの日がバラエティー番組初出演。トークシーンで「大阪出身やから、爪痕を残さなアカン」と話していたが、バッチリ視聴者の印象に残ったようだ。

作曲の才能だけでなく、トークスキルも優れている草野。これからテレビで見かける機会が増えていくかもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】