『知ってるワイフ』バッドエンド一直線! 終盤で不穏な空気「みんな不幸」

知ってるワイフ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2月25日、ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)第8話が放送された。注目度が非常に高い同作だが、ネット上では「バッドエンドになりそう」と心配する声があがっている。

同作の主演は『関ジャニ∞』の大倉忠義、その妻役として広瀬アリスが出演している。「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と悩める夫・元春(大倉)が、恐妻の澪(広瀬)と結婚する前にタイムスリップし、未来を変えるという物語だ。

未来が変わった先の世界線では、元春はお金持ちお嬢様の沙也佳(瀧本美織)と結婚し、豪勢な暮らしをしている。しかし、この世界線でも元春は澪と出会ってしまう。澪は元春から不思議な心地よさを感じて惹かれていくのだが、元春が既婚者であることから想いを封じ込め、元春の同僚で親友の津山(松下洸平)と付き合うことになった。

そして第8話、元春と沙也佳は離婚危機を迎え、離婚届を渡された元春はそれに署名してしまう。ひどく落ちこむ元春を見て、澪はついに気持ちを抑えきれなくなり、元春に告白する。元春は「俺たちは駄目だ」とためらうものの、澪は元春にキスをするのだった…。

みんな不幸になるエンド?

「もしこの世界線で、元春と澪が結ばれることになったら、破滅の道をたどるしかありません。元春は沙也加の父親のコネで仕事をしているような状態であるため、まず仕事を失うでしょう。さらに、いつも側で支えてくれた親友の津山とも険悪な仲になることは必至。実際、第9話の次回予告では、元春が津山から殴られるシーンが映し出されていました」(芸能記者)

残り数話で、どんどん破滅に突き進む元春を見て、視聴者からは

《元くん、ここまで何もかも失ってバッドエンドならちょっと後味悪いなぁ》
《みんなが幸せになれるラストは来るのか? 今んとこみんな不幸だぞ?》
《このドラマ、みんな幸せになれるの…? この世界線みんな不幸になるエンドとかじゃないよね…?》
《これだけ周りを不幸せにした2人を祝福する人などいないだろ》

といった声があがっている。

もしバッドエンドになったら、なかなかの問題作になりそうだが果たして…。

【あわせて読みたい】