『ポツンと一軒家』スタッフが“危険行動”?「見てて不安になる」

(C)Dikushin Dmitry / Shutterstock 

2月28日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)で、スタッフの装備を見た視聴者が「危ない」などとツッコミを入れる一幕があった。

この日は衛星写真をもとに島根県内を捜索。4棟の家と棚田を設けた一軒家を目指した。スタッフは除雪された湿った道を運転。脇道に積もった雪の高さは1メートル20センチほどだといい、「壁みたいになってますもんね」「こんなに積もったんですね」などと驚いた様子を見せた。

途中で除雪車を見つけ、運転手から一軒家の家主の名前を確認。その後は道なりに進んだが、除雪が済んでいない道に突入。車は四駆で、スタッドレスタイヤだったのだが、運転に四苦八苦した。

夏靴で冬道歩いて「何でスニーカーやねん!」

途中、神社に立ち寄ったが、車から降りたスタッフの1人は建物に向かうツルツルの下り道に悪銭苦闘。ナイキのものと思われる赤いスニーカーで踏ん張ろうとしたものの「靴のグリップがもうない…」と、機材を持ち立ったままの状態でずるずるとスベってしまった。

視聴者は夏靴で冬の島根県に向かったことに呆れている。

《そんな平地用の靴で来るなよ、というか靴用のスパイク持っていかないと》
《安全に配慮した映像で流してもらわないと、真似する人が事故るかもと見てて不安になる》
《この季節の島根に山中にナイキのスニーカーで取材に来るつって、島根に雪降るって知らないんじゃ?》
《ポツンと一軒家見てるんやけど…雪道やのに何でスニーカーやねんと突っ込んでもうたわ…こういうとこに普通のスニーカーで来たらそうなるだろよw》
《あのタイプのスニーカーの靴底は滑るよね~。たぶん真っ平らの》
《今日のポツンと一軒家、雪道やけんスタッフ車と靴を整えぇ思うわ》

またこの日、スタッフがいつもの二駆でなく4WDの車に乗り込んだことに「珍しい」と驚く声もあったが、それでも車の安全性を疑問視する視聴者は相変わらず多かった。

《ポツンと一軒家観て毎回思う事は、山道を車で行くならジムニーにしとけよ、と思う》
《スタッドレス、四駆とはいえ普通車 雪に慣れてない…観てて、怖い》
《雪道は マニュアル車の方がいいわぁ》

軽装備での突撃はもはやお決まりになっているようだ。

【画像】

Dikushin Dmitry / Shutterstock

【あわせて読みたい】