壇蜜は闇が深そう?“友達いらない”発言に賛否「頭がいい」「余計な一言」

壇蜜 

(C)まいじつ 

タレントの壇蜜が2月28日、『サンデージャポン』(TBS系)に出演。菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社『北新社』による〝接待問題〟について言及し、ネットでは賛否の声があがっている。

長男から7万円超の接待を受けていたとされる山田真紀子内閣広報官は、「どれだけ多くの人に出会い、多くのチャレンジをしているか。イベントやプロジェクトに誘われたら絶対に断らない。飲み会も断らない。断る人は二度と誘われません。幸運に出会う機会も減っていきます」と、人との交流を深める必要性を説いていた。

壇蜜はこの発言について、「私、一言言っておきたいのは、私は飲み会を絶対に断る女です。絶対行きません。友達とかいらない」とピシャリ。断固とした姿勢を見せた。

壇蜜の発言に視聴者からは、

《さすが壇蜜さん。自分のポリシーがしっかりしてますね。尊敬します》
《壇蜜さんらしいコメントですね。好き嫌いはっきりしていていいと思います。こういう人がどんどん増えていけばいいのになぁ》
《壇蜜さんのコメントはすごくいい。その場の雰囲気を察知して、バラエティー的にナイスなコメントを端的にできる、とても頭のいい人なんでしょうね》

などと、共感の声があがっている。

壇蜜の“公私混同発言”に批判

しかし一方で、山田氏は男ばかりの官僚のなかで、自身のポリシーを貫いて出世したのも事実。仕事と友達関係をごっちゃまぜにした壇蜜のコメントに、ネット上では、疑問の声もあがっている。

《『友達いらない』は余計な一言。この人は売れっ子タレントだからサラっといえるんでしょ》
《1人でバー行ってワンナイトが趣味の友達が、同じような発言してた。その世界を知ってる人は闇が深い…》
《壇蜜の場合、こうやって言わないとおっさんがOKと思ってセクハラしてきちゃうんだろうな》
《散々、女の武器を使ってここまできたのに、何言ってるんだろう? うまい仕事の話でも断ると言い切れるのかね》
《別に断る・断らないは好きにすりゃいいけど、断ることが別に正しい訳でもないからね。なんで素晴らしいってなってるのか意味不明》

壇蜜はかつて自身のグラビア活動について問われると「どんな仕事もNGを出さずに受け続けた」と発言している。仕事上の付き合いを本当にすべて断っていたかは本人のみぞ知るところだろう…。

【あわせて読みたい】